The shoemaker’s children go barefoot.の意味や使い方を解説!英語で1日1フレーズ #339

スポンサーリンク

英語で1日1フレーズ」では、毎回1つのフレーズを解説しています。

今回のフレーズは「The shoemaker’s children go barefoot.」です。

「The shoemaker’s children go barefoot.」は、直訳すると「靴屋の子供は裸足で歩く」となりますが、実際には「専門家が自分や家族に自分のスキルや知識を応用しない」という意味になります。

このフレーズは、専門家が自分自身や家族に対して、自分の専門知識を活用することをしばしば怠る傾向を示しています。

例えば、配管工なのに家に水漏れがある場合に、「Tom is a plumber, but his own bathroom has leaks everywhere—typical case of the shoemaker’s children going barefoot.(トムは配管工だが、彼のバスルームにはあちこち水漏れがある。靴屋の子供が裸足でいる典型的な例だ)」と言うことができます。

また、料理人なのに家ではあまり料理をしない場合に、「Despite being a chef, Sarah rarely cooks at home. It’s like the shoemaker’s children go barefoot.(サラはシェフにもかかわらず家で料理をすることはめったにない。まるで靴屋の子供が裸足でいるようなものだ)」と言うこともできます。

このフレーズの由来は、靴屋が他人のために靴を作ることに忙しく、自分の子供たちの靴を作る時間がなかったという昔の状況から来ています。現在でも、多くの人が自分の仕事に忙殺されて、家族や自分自身のことを後回しにしてしまうことがあるため、このフレーズは皮肉や批判を込めて使われ続けています。

このことわざには類義表現が多くあります。例えば、「The cobbler always wears the worst shoes.(靴職人はいつも最悪の靴を履いている)」や「Physician, heal thyself.(医者よ、自らを治せ)」など。日本語では「紺屋の白袴(こうやのしろばかま)」という表現もあります。

まとめると、「The shoemaker’s children go barefoot.」は、文字通り「靴屋の子供は裸足で歩く」という意味ではなく、専門家の家族がその恩恵を受けられないことを指します。このフレーズを使うことで、専門家でも自分のことには手が回らないという現実をユーモラスに伝えることができます。

この「The shoemaker’s children go barefoot.」を使って、専門家が自分や家族に対してはその技術を十分に活用していない場面で活用してみてください。

今日のフレーズ
The shoemaker’s children go barefoot.
靴屋の子供は裸足で過ごす。

この「英語で1日1フレーズ」では、気軽に英語学習を継続できるように、毎回1つの知っていると役立つ英語フレーズを紹介しています。

知っていると役立つ英語フレーズ
その他の英語フレーズ一覧 [開く]

A bird in the hand is worth two in the bush.
A blessing in disguise.
A dime a dozen.
A feather in one's cap.
A penny for your thoughts.
A penny saved is a penny earned.
A picture is worth a thousand words.
A watched pot never boils.
Add insult to injury.
All ears.
All is fair in love and war.
All thumbs.
As cool as a cucumber.
As high as a kite.
Back to square one.
Back to the drawing board.
Backseat driver.
Barking up the wrong tree.
Beat a dead horse.
Beat around the bush.
Beggars can't be choosers.
Better safe than sorry.
Birds of a feather flock together.
Bite off more than one can chew.
Bite the bullet.
Blood is thicker than water.
Break a leg.
Burn the midnight oil.
Call it a day.
Caught between a rock and a hard place.
Clean as a whistle.
Close, but no cigar.
Cost an arm and a leg.
Cut corners.
Cut to the chase.
Don't judge a book by its cover.
Early to bed and early to rise, makes a man healthy, wealthy, and wise.
Easy come, easy go.
Every dog has its day.
Fish out of water.
Fit as a fiddle.
Fortune favors the bold.
From rags to riches.
Get a taste of one's own medicine.
Get one's act together.
Get out of hand.
Give it a shot.
Give someone the benefit of the doubt.
Give someone the cold shoulder.
Go the extra mile.
Hit the hay.
Hit the nail on the head.
Hit the road.
Hit the sack.
Hold your horses.
Honesty is the best policy.
If it ain't broke, don't fix it.
Ignorance is bliss.
In the blink of an eye.
In the heat of the moment.
In the twinkling of an eye.
It takes two to tango.
Jump on the bandwagon.
Jump the gun.
Jumping through hoops.
Jumping to conclusions.
Keep it under your hat.
Keep one's fingers crossed.
Keep your chin up.
Keep your eyes peeled.
Mind over matter.
On the ball.
Out of sight, out of mind.
Put a sock in it.
Success is a journey, not a destination.
The ball is in your court.
Under the weather.
Where there's a will, there's a way.

タイトルとURLをコピーしました