言語学

言語学

「〇〇言語を話せる人」や「多言語話者」の色々な呼び方

今回は「〇〇言語を話せる人」「〇〇か国語を話せる人」「〇〇言語話者」などの日本語と英語の呼び方についてご紹介します。
言語学

コードスイッチングとコードミキシングの違い

会話中に複数の言語を切り替えることをコードスイッチングと言いますが、似ている言葉に「コードミキシング」というものがあります。それぞれの違いが気になったので、今回はコードスイッチングとコードミキシングの違いなどについて簡単にまとめてみました。
言語学

南米の2言語社会(ダイグロシア)の現状と言語政策について

南アメリカの多くの都市部では、スペイン語やポルトガル語の単一言語社会が形成されていますが、実は600以上もの先住民言語が存在しています。本記事では「南米におけるダイグロシアと言語政策」についてご紹介します。
言語学

同じ語源なのに意味や見た目が違う「二重語」とは

英語も日本語も様々な外国語から単語を取り入れて来ました。意味やスペルが違うのに、実は同じ語源を持つ単語のことを「二重語(doublet)」と言います。今回は「二重語の意味・例」についてご紹介します。
言語学

異なる言語が接触すると何が起こるのか?【言語接触とは】

異なる言語が接触すると、語彙が混ざったり、新しい言語が生まれたり、様々なことが起こります。今回は「言語接触とは何か」「言語接触によって何が起こるのか」について解説します。
言語学

ヨーロッパの言語に同じ単語が多い3つの理由

ヨーロッパの言語には同じ語源を持っている同根語(cognate)がたくさんあります。今回は「ヨーロッパの言語に同じ単語が多い3つの理由」についてご紹介します。
言語学

同じ語源を持つ単語「同根語(cognate)」とは

共通の起源を持っている単語は「同根語(cognate)」と呼ばれ、特にヨーロッパの言語で多く見られます。今回は同根語の意味と例について解説します。
言語学

ピジン言語、クレオール言語、混合言語の違いと特徴とは

複数の言語が混ぜ合わせると、ピジン言語、クレオール言語、混合言語などと呼ばれますが、それぞれの違いにはどのようなものがあるのでしょうか。そこで今回は、ピジン言語、クレオール言語、混合言語の違いとそれぞれの特徴についてご紹介します。
言語学

別の言語でも分かり合える「相互理解可能性」とは?

「違う言語なのにお互いに理解できる関係」のことを、言語学では「相互理解可能性」と言いますが、ヨーロッパの言語は相互理解可能な言語が多いので羨ましい限りです。そこで今回は「相互理解可能性」と「相互理解可能性が高い言語」についてご紹介します。
言語学

別の言語との類似性を測る「語彙の共通度」とは?

違う言語に「どのくらい同じ単語が使われているか」のことを、言語学では「語彙の共通度」と呼んでいます。今回は「語彙の共通度」と「語彙の共通度が高い言語」についてご紹介します。
言語学

コードスイッチングはなぜ起きるのか?原因・特徴・例について

会話中に他の言語が混ざってしまうことを、言語学ではコードスイッチングといいます。バイリンガルやマルチリンガルでよく起こる現象ですが、実は誰にでも起こる身近な現象です。今回は、コードスイッチングの原因・特徴・例についてご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました