歴史

雑学・コラム

なぜスペイン語とポルトガル語は南米で話されているのか

南米で話されている言語は、スペイン語とポルトガル語だけで全体の98%を占めます。基本的にこの2言語を知っていれば、南米の大半の地域に行くことができます。とはいえ...
フランス語

なぜフランス語の外来語は日本に入って来たのか

日本とフランスの関係は幕末の開国まで遡ります。フランス語を介して日本に伝わった技術や学問は「フランス学」と呼ばれ、特に軍事・法律・政治・経済などの分野で発達しました。今回は「なぜ&どのようにフランス語の単語が日本に入って来たのか」について振り返ります。
ポルトガル語

なぜポルトガル語の外来語は日本に入って来たのか

ポルトガル語と日本語の関係は約500年前から始まり、最も付き合いが長いヨーロッパの言語の1つです。ポルトガルから伝わった「パン、かぼちゃ、天ぷら、ボタン」などの言葉は、ポルトガル語由来だとは忘れてしまうくらい日常生活に溶け込んでいます。
オランダ語

なぜオランダ語の外来語は日本に入って来たのか

オランダは江戸時代に西洋の国で唯一日本と交易があった国ですが、歴史的にはポルトガルの方が早くから交易がありました。それでも鎖国下の約200年はオランダが西洋との貿易を独占することになりました。
ドイツ語

なぜドイツ語の外来語は日本に入って来たのか

最近使われているカタカナ語の50%以上は英語由来と言われていますが、ドイツ語由来の外来語も意外と日常に溢れています。ドイツ語の単語が日本に入って来た経緯を振り返ると、江戸時代と明治時代にまで遡ります。
雑学・コラム

英語の語彙に影響を与えた外国語

外国語を勉強していると、英語と似ている単語をよく見かけます。歴史的に英語は様々な外国語と言語接触を重ね、多彩な語彙を吸収してきたからです。そこで今回は「英語の語彙に影響を与えた外国語」についてご紹介したいと思います。
ドイツ語

多彩なドイツ語が統一化するまでの歴史を簡単に振り返る

ドイツ語は各地に方言が残り、ドイツ以外の地域でも話されている多種多彩な言語です。一方、歴史を振り返ると「宗教」「技術革命」「国家」によって一元化されてきました。今回はそんな「ドイツ語の歴史」について簡単に振り返りたいと思います。
雑学・コラム

スペイン語の歴史を簡単に振り返る|ラテン語からロマンス諸語まで

スペイン語は現在では世界で5億人以上に話され、21か国の公用語になっている超グローバル言語です。しかし元々はラテン語と呼ばれた少数民族の言語に過ぎませんでした。今回は「スペイン語の歴史」について簡単に振り返ってみたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました