サウダージとは?故郷への哀愁【サウダージを扱った作品】

ノスタルジーポルトガル語

サウダージと聞くと皆さん何を思い浮かべるでしょうか?今回はサウダージの意味や扱っている作品について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

サウダージの意味は?

サウダージ(saudade)とは、故郷への郷愁・哀愁・切なさ・憧れ・懐かしさを意味する言葉で、ポルトガル語が語源です。

元々植民地時代にブラジルへ渡ったポルトガル人が、故郷のポルトガルを懐かしくも切なく思う気持ちを表現するために使われ始めました。発音によってはサウダーデとも呼びます。

直訳が難しい言葉として有名ですが、日本語では「ふるさとを懐かしく思うこと」を意味する郷愁(きょうしゅう)が近いかもしれません。

英語の表記はポルトガル語と同じsaudadeです。英語のノスタルジア(nostalgia)も似たような意味がありますね。ちなみに日本語のノスタルジー(nostalgie)はフランス語由来の発音です。

ごがくねこ
ごがくねこ

サウダージはクイズやクイズ番組ではたまに出てきますが、普段はあまり聞かない言葉ですよね。

サウダージを扱った作品は?

サウダージを扱った作品には例えば以下のような作品があります。

  • サザンオールスターズのアルバム 『SAUDADE 〜真冬の蜃気楼〜』(1998年)
  • ポルノグラフィティのシングル 『サウダージ』(2000年)
  • 富田克也監督の映画 『サウダーヂ』(2011年)

少し昔の作品が多いですね。一番有名なのはポルノグラフィティの『サウダージ』でしょうか。

書籍の場合、サウダージと聞くと石川達三の『蒼氓』が思い浮かびます。1935年の第1回芥川賞を受賞している作品です。もう100年近くも前ですね。

『蒼氓』は昭和初期にブラジル移民が決まった人々の葛藤を描いた物語で、著者の石川氏が移民監督としてブラジルに行った経験をもとに執筆したそうです。本人は半年で帰国したそうですが。

ブラジルを始め、南米には日本人コミュニティがいくつもあります。私も南米に住んでいた時にいくつか日本人村へ訪れたことがあります。南米に移住した人や、そこで生まれた日系の人々も、日本に対するサウダージを持っているのかもしれませんね。

盛田隆二『サウダージ』

盛田隆二氏の『サウダージ』は日本人とインド人のハーフが主人公で、他にも外国人や日系の人々が登場します。ブラジルやポルトガルがテーマというわけではありませんが、外国に渡った労働者が故郷を思う気持ちはどこの国でも同じですよね。

日本における2020年の外国人労働者は約170万人8年間も過去最高を更新し続けています。また、外国人労働者だけでなく日本で学ぶ外国人留学生も増加していて、文部科学省によると外国人留学生の数(2020年5月)で約27万人だそうです(参照)。新型ウイルスの影響で2019年の約31万人からは多少減少しましたが、推移は2013年の約16万人から年々右肩上がりです。

つまり、こんな公式が考えられるかもしれません。

超高齢社会の日本 + 増加する外国人労働者や留学生 → サウダージの増加?
ごがくねこ
ごがくねこ

サウダージを扱う作品は今後更に増加するかもしれませんね。

他にもサウダージを扱った作品を調べてみるとまだ読んだことがない作品が色々出てきました。私も機会があれば読んでみようかなと思います。

垣根涼介氏 『サウダージ』


垣根涼介氏の『サウダーデ』は日系ブラジル人が主人公のお話で、同氏の小説『ヒートアイランド』シリーズの第三作目だそうです。読むなら一話の『ヒートアイランド』から読みたいですね。

田辺剛氏、カリブsong氏 『サウダージ』

こちらは漫画(短編集)ですね。画力が凄いです。

スポンサーリンク

まとめ

サウダージは、故郷への郷愁・哀愁・切なさ・憧れ・懐かしさを意味するポルトガル語です。

ポルトガル語由来の言葉ですが、故郷を思う気持ちは全世界共通だと思うので、ブラジルやポルトガル語に限らず色々な作品でサウダージが描かれています。

ごがくねこ
ごがくねこ

人の往来が活発になっているので、サウダージは今後再び脚光を浴びる言葉かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました