スペイン語のQuieroとQuisieraの違い【例文と解説】

ラテン語

今回は、スペイン語のQuieroQuisieraの違いについて、例文付きで解説します。

quieroとquisieraは動詞のquerer(~したい)の活用形です。どちらも何かしたいという意志を表していますが、ニュアンスが微妙に異なります。

  • quiero(直説法現在)
    ~したい、直接的
    I want to …
  • quisiera(接続法過去)
    ~したいのですが、間接的、丁寧
    I would like to …

quieroは「~したい」、quisieraは「~したいのですが」という意味になります。英語だと、quieroは「I want to …」、quisieraは「I would like to …」にあたります。

quisieraはquieroと比べると、より丁寧な表現になります。そのため、何かをお願いする時によく使います。

  • Quiero pedir un taxi.
    タクシーを手配したい。
  • Quisiera pedir un taxi.
    タクシーを手配したいのですが。

また、qusieraはより間接的な表現にもなります。

  • Quiero hablar contigo un momento.
    少し君と話がしたい。
  • Quisiera hablar contigo un momento.
    少し君と話がしたいんだけど。

例文を比べてみると、quieroの方が自分の気持ちをストレートに伝えていて直接的です。quisieraは「話がしたいんだけど」のように、間接的な表現になっています。場合によっては、少し婉曲的だったり遠回しな言い方になることもありますが、どちらが正しい表現というわけではないので、状況に応じて使い分けたいですね。

quisieraは、quieroより間接的な表現ということで、実現できないような場合にも使える表現です。例えば、Yo quisiera ir, pero no puedo.(行きたいんだけど、行けない)のように、「行きたいんだけどなあ」というようなニュアンスを出すことができます。

  • Quiero viajar a España.
    スペインへ旅行に行きたい。
  • Quisiera viajar a España.
    スペインへ旅行に行きたいんだけどな。

最後に、辞書や参考書などを見てみると、quisieraは「接続法過去」と書いてあるので何だか難しそうですが、初めのうちはあまり気にしないことをおすすめします。会話において重要なのは、quieroは「~したい」、quisieraは「~したいのですが」という意味があるということで、「quisieraは接続法過去」ということではありませんからね。

皆さんのスペイン語学習の一助になれば幸いです。

まとめ
  • quiero:~したい、直接的、I want to …
  • quisiera:~したいのですが、間接的、婉曲的、丁寧、I would like to …
スポンサーリンク
スペイン語学習におすすめの本

スペイン語学習におすすめの本です。

  1. 初心者向け:ゼロからスタートスペイン語楽天/Yahoo
  2. 中級者向け:中級スペイン文法楽天/Yahoo
  3. 聞き流し用:キクタン スペイン語楽天/Yahoo
スペイン語初心者の方は「ゼロからスタートスペイン語 文法編」がおすすめです。文法の基礎を初めて学ぶ人にもわかりやすく解説しています。 中級者以上は「中級スペイン文法」がおすすめです。600ページ以上にわたりあらゆる文法が詳細に解説されている文法書の集大成です。初心者の方でも本格的にスペイン語を学びたい方は是非手元に置いておきたい一冊です。 聞き流しにはスペイン語も「キクタン」がおすすめです。単語学習は何度も繰り返す「反復記憶法」が効果的です。塵も積もれば山となるですね。
雑学・コラム
\ シェアする /
ごがくねこ
タイトルとURLをコピーしました