イタリアの伝統的お菓子「パネットーネ」の意味や語源とは

パネトーネイタリア語

パネトーネ美味しいですよね。

パネトーネはドライフルーツが入っているふわふわのパンケーキでイタリアの伝統的なお菓子です。特にクリスマス新年などにデザートとして食べられています。

ごがくねこ
ごがくねこ

今回はパネトーネの意味や語源などについて簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

南米ではみんな大好きパネトーネ

パネトーネは、正式にはパネットーネ(panettone)と呼びます。日本ではそこまで知名度は高くない気がしますが、イタリアだけでなくラテンアメリカでも広く食べられていて、私が住んでいた南米でも大人気です。

ごがくねこ
ごがくねこ

クリスマス頃によく食べる人気の食べ物ということで、日本でいうお餅お汁粉みたいな存在でしょうか?

ちなみにスペイン語ではパネトンパネトーン(panetón)と言います。

【スペイン語単語集】デザート・お菓子・ケーキ
このシリーズでは「分野別に覚えるスペイン語単語集」をご紹介しています。今回は「デザート・お菓子・ケー…

生地は甘いスポンジケーキだけでなく、中にドライフルーツが入っていてとても良いアクセントになっています。日本ではあまり見かけませんがamazonなどでたまに見かけます。

ブラジル産のパネトーネも人気です。

ブラジルと言えば、日系ブラジル人が多く住んでいる群馬県大泉町のに立ち寄った時に、スーパーでブラジル産のパネトーンが売っていたのが印象的でした。パネトーン以外にも、南米産のお菓子や缶詰なども売っていたので、南米に興味がある方はそういったコミュニティがある地域を巡るのも面白いかもしれませんね。

こちらはペルー産のパネトーン。

実は、ペルーは一人当たりのパネトーン消費量が世界一の国です。個人の消費量ではイタリアが1位じゃないんですね。

参照:“Navidad 2018: Peruanos comen más panetón en toda América | FOTOS” Trome

ペルーの新聞Tromeの記事によれば、全体の消費量ではイタリアが1位ですが、ペルーはイタリアに次ぐ世界2位。ちなみに、世界3位はブラジルです。

私はペルーにも半年ほど住んでいましたが、クリスマスだけでなく普段からおやつや朝食としてパネトーンを食べている人たちもいます。

ごがくねこ
ごがくねこ

バターを塗ったり、こんがり焼いたり、食べ方も様々ですが、バターまで追加するのはカロリーがちょっと気になりますね。

スポンサーリンク

パネトーネの意味や語源とは

パネトーネは、何でパネトーネ(パネットーネ)と呼ばれるようになったのでしょう。

一説によると、パネトーネを初めて作ったのがイタリア人のトニー(Toni)さんという方で、「トニーのパン」だから「パーネ・ディ・トーニ(pan de Toni)」と呼ばれるようになったそうです。それが後に訛ってパネットーネになったのだとか。

panはイタリア語で「パン」、deは「~の」という意味があります。ちなみに日本語のパン(pan)はポルトガル語由来です。

日本語になったポルトガル語の外来語一覧【語源・由来】
ポルトガル語は日本語と最も付き合いが長いヨーロッパの言語です。日本とポルトガルの交流は約500年前の…

パネトーネの名前の由来は人の名前にあったようです。約500年前の1500年頃の出来事だそうですが、似たようなお菓子は古代ローマの時代からあったそうです。

ただ、名前の由来には諸説あるようなので定説はありません。アントニオ(Antonio)さんのパンだ!という説もあるようです。どちらにせよ人の名前が由来ではあるようです。

ごがくねこ
ごがくねこ

南米の人もみんな大好きパネトーネ。機会があればぜひ食べてみて下さいね。チャオ!

タイトルとURLをコピーしました