カプリッチョの意味や語源とは|天然パーマは気まぐれ?

カールイタリア語

カプリッチョ(他にもカプリッチオ、カプリチョーソなど)と言えば皆さん何を思い浮かべますか?

  • 音楽好きなら、音楽形式の1つの奇想曲「カプリッチョ
  • 美術好きなら、風景画の1つの奇想画「カプリッチョ
  • オペラ好きなら、リヒャルト・シュトラウス作曲『カプリッチョ
  • クイズ好きなら、クイズ作家集団のYouTubeチャンネル「カプリティオ
  • ピザピッツァ好きなら、イタリアレストラン「カプリチョーザ
  • 言語好きなら、そのまま「気まぐれ」という意味

などがあるでしょうか。

実はカプリッチョ(capriccio)の語源を遡ってみると「天然パーマ」という言葉にたどりつきます。

ちなみに他の言語で「気まぐれ」を何というのかを見てみると、

  • 英語:caprice, capricious
  • イタリア語:capriccio, capriccioso
  • フランス語:caprice, capricieux
  • スペイン語:capricho, caprichoso
  • オランダ語:capriool, grillig
  • ポルトガル語:capricho, caprichoso
  • ルーマニア語:capriciu, capricios
  • ポーランド語:kaprys, kapryśny

参照:caprice, capricious – Wiktionary

などとなります(左が名詞、右が形容詞)。スペルも意味もほとんど同じですね。特に、イタリア語と同じロマンス諸語に属するスペイン語やポルトガル語はかなり似ています。

英語のcaprice(カプリス)はイタリア語のcapriccio(カプリッチョ)ではなくフランス語のcaprice(カプリス)と同じスペルですが、16~17世紀頃にフランス語を経由して伝わったことが要因です(参照:Etymonline)。

イタリア語のcapriccioにはどのような意味があるのでしょうか。単語を分解してみると、capoは「頭」、riccioは「巻き毛」という意味があります。そのため、イタリア語のcapriccioを文字通り解釈すると「巻き毛の頭、天然パーマ」という意味になります。

capo(頭)+ riccio(巻き毛、カール)= capriccio(巻き毛の頭、気まぐれ)

巻き毛の頭が気まぐれという意味になったのには理由があり、昔は「巻き毛の人は手に負えない性格」だと信じられてきたからです。もちろん、髪の毛で人の性格が決まる訳ではありませんけどね。

巻き毛 = 髪の毛がボサボサ = 見た目を気にしない = 我が強い = 手に負えない = 気まぐれ

というような解釈もあったのかもしれません。

アニメや漫画などの創作の世界では、見た目のイメージに理由をつけるとキャラが立つ(=分かりやすい)ので、そのようなイメージを持たせることもあるかもしれませんね。

ごがくねこ
ごがくねこ

パッと思いつく限りでは、『Hunter×Hunter』のキルアや、『銀魂』の坂田銀時なんかは「くせ毛×気まぐれ」というイメージがします。

さて、カプリッチョの語源ですが、諸説あり必ずしも定説というわけではありません。

Etymonlineによれば、「カールした髪」という説以外にも、「恐怖、震え、ハリネズミ、野生のヤギ」などの言葉が関連しているそうです(参照:Etymonline)。

少なくとも、人間や動物などの毛質が関係しているのは確かのようですね。

タイトルとURLをコピーしました