スペイン語で「すみません」呼びかける10のフレーズ

日常生活で使えるスペイン語のフレーズスペイン語のフレーズ集

知らない人に呼びかける時は「おい、お前」ではなく、丁寧な表現を使いたいですね。今回はスペイン語の「呼びかけ」に使える10のフレーズを紹介します。

日常生活で使えるスペイン語のフレーズ【まとめ】
この記事は、スペイン語フレーズ集の「まとめ記事」です。一覧形式でまとめたのでぜひ下記リンクからご覧く…
スポンサーリンク

Oiga すみません

例文 Oiga, por favor.
発音 オイガ ポルファボール
和訳 ちょっと、すみません。

一般的な呼びかけの表現です。oigaは動詞oír(聞こえる、注意を払う)の命令形(3人称)です。「聞いてください、もしもし」という意味で使います。フォーマルな表現で、知らない人に呼びかける時に使います。英語の「Listen」や「Excuse me」にあたる表現です。

ごがくねこ
ごがくねこ

例文の「por favor」は「お願いします」を意味する熟語です。何かを依頼する時に付けるとより丁寧な言い方になります。

Oye おい

例文 Oye, ¿qué pasa?
発音 オイェ ケ パサ
和訳 おい、どうした?

かなりカジュアルな表現です。oyeは動詞oírの命令形(2人称)です。「ねえ、おい、お前」のような意味で使います。3人称の「oiga」よりかなり砕けた表現で、親しい人への呼びかけに使います。英語の「Hey」にあたる表現です。

ごがくねこ
ごがくねこ

「oye」は言い方によっては威圧的になってしまうことがあるので、友達に使う時でも注意が必要です。

Disculpe すみません

例文 Disculpe, le puedo pedir un favor?
発音 ディスクルペ レ プエド ペディル ウン ファボール
和訳 すみません、お願いしてもいいですか?

フォーマルな表現です。disculpeは動詞disculpar(許す、言い訳をする)の命令形(3人称)です。呼びかけだけでなく、何か悪いことをした場合に、謝罪や許しを請う時にも使います。英語の「Excuse me」や「I’m sorry」にあたる表現です。

Disculpa ごめん

例文 Disculpa, te puedo pedir un favor?
発音 ディスクルパ テ  プエド ペディル ウン ファボール
和訳 ごめん、ちょっとお願いしていい?
カジュアルな表現です。disculpeは動詞disculparの命令形(2人称)です。英語の「Excuse me」や「Sorry」にあたる表現です。

Perdón すみません

例文 Perdón,  ¿me puede traer un menú, por favor?
発音 ペルドン メ プエデ トラエル ウン メヌ ポル ファボール
和訳 すみません、メニューを持ってきてもらますか?

一般的な表現です。perdónは「許し、容赦」を意味があり、「ちょっと失礼!」という意味だけでなく、「ごめんなさい」など謝罪する時にも使われます。誰に対しても幅広く使える表現です。英語の「Excuse me」や「Sorry」にあたります。

Perdone すみません

例文 Perdone, camarera.
発音 ペルドネ カマレラ
和訳 すみません、ウェイトレスさん。
フォーマルな言い方です。perdoneは動詞perdonar(罪などを許す、免除する)の命令形(3人称)です。英語の「Excuse me」や「I’m sorry」にあたる表現です。

Perdona ごめん

例文 Perdona, camarero.
発音 ペルドナ カマレロ
和訳 ちょっと、ウェイター。
カジュアルな言い方です。perdonaは動詞perdonarの命令形(2人称)です。英語の「Excuse me」や「Sorry」にあたる表現です。

Mira ねえ

例文 Mira, tú.
発音 ミラ トゥ
和訳 ねえ、君。

カジュアルな表現です。miraは動詞mirar(見る、眺める、注意する)の命令法(2人称)です。「ねえ、見て、ほら見ろ」などの意味があります。親しくない人には3人称の「mire」を使います。英語の「Look」にあたる表現です。

ごがくねこ
ごがくねこ

動詞verも「見る」という意味がありますが、verは「漠然と見る」のに対し、mirarは「注意深く見る」という点で異なります。

Con permiso ちょっと失礼

例文 Con permiso, ¿puedo pasar?
発音 コン ペルミソ プエド パサル
和訳 ちょっと失礼、通ってもいいですか?

道を開けて欲しい時などの呼びかけに使う表現です。conは「~と一緒に」を意味する前置詞、permisoは「許可」を意味する名詞です。「(道を通る)許可をもらえますか」のようなニュアンスになります。suをつけて「Con su permiso」にするとより丁寧な言い方になります。

Señor, Señora, Señorita

Señor(紳士)、Señora(ご婦人)、Señorita(お嬢さん)などの名詞も呼びかけに使われます。

一般的には、señorは男性、señoraは既婚女性、señoritaは未婚女性に対して使います。ただ、国や地域によって異なり、女性全般にseñoraを使うところもあります。また最近では、英語のMrs(ミセス)を使わない流れと同じように、既婚・未婚を問わず女性全般にseñoraを用いることもあるそうです。

  • Señor, un café, por favor.
    コーヒーを一つお願いします。
  • Señoras y Señores.
    皆さま。
  • Señorita, ¿me podría atender?
    ちょっとお願いします。

Amigo, Amiga

例文 Amigo,  ¿Todo bien?
発音 アミーゴ トド ビエン
和訳 やあ、元気?

「友達」を意味するamigo/amigaも、親しい人に対する呼びかけに使います。男友達にはamigo、女友達にはamigaです。

ごがくねこ
ごがくねこ

アミーゴは日本でも有名な言葉ですね

Chico, Chica

例文 Chico, ¿qué tal,?
発音 チコ ケ タル
和訳 少年、元気?

主に年下や子供の呼びかけに使います。chicoは「少年」、chicaは「少女」を意味する名詞です。親愛を込めて使いますが、大人に使うと軽蔑になる場合もあるようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はスペイン語で「呼びかける・誰かを呼ぶ」フレーズを紹介しました。どれも日常会話で使う基本的な表現なのでぜひ使ってみてください。

スペイン語の単語学習におすすめの本

単語学習は「反復記憶法」が効果的です。何度も繰り返し聞く「キクタン」の勉強方法はスペイン語にも最適です。わずかな時間でも継続的に聞くことが大切なので、私もながら作業や隙間時間を利用して色々な言語のキクタンを聞き流しています。塵も積もれば山となるです。

スポンサーリンク
スペイン語のフレーズ集
ごがくねこ
タイトルとURLをコピーしました