食事や料理中にできる英語の勉強方法

料理

語学はなるべく日常生活に取り入れたいですね。学習している言語がより身近になり、自然な形で使うことができるからです。

今回は「食事や料理中にできる英語の勉強方法」を紹介します。

スポンサーリンク

英語のレシピを見る … リーディング

1つ目は、英語のレシピを見ることです。

英語のレシピを見ることで、料理に関連する語彙や表現を学ぶことができます。例えば、食材、調理器具、調理方法、料理名などに関する単語が学べます。

レシピを英語で読むので、リーディングスキルの向上が期待できます。英語のレシピは「料理名 recipe」や「料理名 how to make」などで検索するとヒットします。学習するテーマを料理だけに絞ることで、より集中的に語彙を学ぶことができるメリットもあります。

英語の料理番組を見る … リスニング

2つ目は、英語の料理番組を見ることです。

英語を聞くことによって、リスニングスキルの向上が期待できます。また、海外の料理番組を見ることで、異なる国や地域の多種多様な料理や文化を知ることができます。

英語の料理番組は色々ありますが、例えば、海外で人気がある番組の1つに『MasterChef』があります。MasterChefは、アマチュアの料理人がプロのシェフになるために、自身の料理スキルや創造性を競う料理番組で、世界中で高い人気を誇っています。MasterChefの司会者のゴードン・ラムゼイは、YouTubeチャンネルも持っているので、世界の有名シェフのYouTubeを見るのも面白いかもしれません。

忙しい時におすすめの言語学習方法は「日常生活に言語を取り入れる」
忙しい時って言語学習の時間がなかなか取れなくて困りますよね。そんな時におすすめしたいのが「日常生活に…

食事中に英語で話す … スピーキング

3つ目は、食事中に英語で会話することです。

身近に英語を話す人や英語を学びたい人がいる場合は、英語でコミュニケーションをするのも1つの方法です。こちらはスピーキングスキルの向上が期待できます。

特に、常に英語で話すことに疲れを感じてしまう人は、食事中だけに限定することで、より集中して英語に取り組むことができるかもしれません。料理のことや普段のことまで、いつも食事中に話す内容を英語で話すことで、英語学習に有効活用できます。

口の中に食べ物がある時はマナー違反にならないように気をつけたいですね。国や地域によっては、食事中に会話をしないところもあるそうです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「食事や料理中にできる英語の勉強方法」について紹介しました。

食事や料理中にできる英語の勉強方法には下記のような方法があります。

  • リーディング:英語のレシピを見る
  • リスニング :英語の料理番組を見る
  • スピーキング:食事中に英語で会話する

食事と英語を関連付けることで、料理に関連する語彙や表現を学ぶことができます。

英語でレシピを読むことでリーディングスキルの向上が、英語の料理番組を見ることでリスニングスキルの向上が、食事中に英語を話すことでスピーキングスキルの向上が期待できます。何か役に立ちそうな方法があればぜひ試してみてくださいね。皆さんの語学学習の一助になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました