なぜフランス語の外来語は日本に入って来たのか

フランス軍事顧問団フランス語

日本とフランスの関係は幕末の開国まで遡ります。フランス語を介して日本に伝わった技術や学問は「フランス学」と呼ばれ、特に軍事・法律・政治・経済などの分野で発達しました。

今回は「なぜ&どのようにフランス語の単語が日本に入って来たのか」について振り返ります。

日本語になった外来語一覧
ドイツ語オランダ語ポルトガル語|フランス語 生活食べ物お菓子芸術|スペイン語 生活食べ物気象地名国名動物
 日本に外来語が伝わった経緯・歴史
ドイツ語オランダ語フランス語ポルトガル語
スポンサーリンク

日本とフランスの接触

支倉常長の行程

支倉常長の行程 出典:Wikimedia Commons, Public domain

日本とフランスの初めての接触は、1615年に支倉常長ら「慶長遣欧使節」がローマに向かう途中で、フランス南部のサントロペに上陸したのが初めてだとされています。

それ以外の交流は約200年も続いた鎖国政策の影響で殆どありませんでした。ただ、フランスの情勢はオランダ経由で江戸幕府に入って来ていたようです。

1789年から始まったフランス革命の情報は、『オランダ風説書』によって1794年に江戸幕府に伝わっていました。その後、ナポレオン・ボナパルトがヨーロッパの大半を制覇したことによって、「フランス語の重要性」に関する報告書が江戸幕府に提出された記録も残っています。

フランス式の採用

フランス軍事顧問団

フランス軍事顧問団 出典:Wikimedia Commons, Public domain

日本とフランスの関係が深まったのは幕末の開国後です。

1854年に「日米和親条約」が締結され開国すると、フランスとの間でも1868年には「日仏修好通商条約」が締結されました。不平等条約の改正や欧米列強に追い付くために、明治政府は「富国強兵」や「殖産興業」を推し進め、西欧化を目指しました。

先進文化を取り入れるために、欧米諸国から「お雇い外国人」が招聘されました。フランスからは合計1600人近くが雇用されましたが、これはイギリス(4300人)に次ぐ2番目に多い数です。雇用された分野は特に軍関係に多く、48.8%は軍関係で、そのうち87.1%が陸軍でした。

参照:植村正治(2008)「明治前期お雇い外国人の給与」『流通科学大学論集 流通・経営編 第21巻第1号』

日本陸軍の兵制はフランス式が採用され、1867年から1889年まで3度に渡って派遣された「フランス軍事顧問団」は、陸軍の近代化に貢献をしました。当時の陸軍の軍服もフランスからの影響も受けています。

フランス語を介して日本に伝わった技術や学問は「フランス学」と呼ばれ、軍事以外にも、法律・政治・経済などの分野でも発展しました。お雇い外国人の一人であるギュスターヴ・エミール・ボアソナードは、近代法制定と不平等条約撤廃に多大な貢献をもたらし、「日本近代法の父」とも呼ばれています。

芸術の分野においても関係は深く、日本で使われている芸術・ファッションに関する外来語の多くはフランス語に由来しています。一方、フランスでは19世紀後半に「ジャポニスム(Japonisme)」が流行するなど、相互に影響を受けています。

下の表は日本に伝わった外来語の年表です。

※一般的に「外来語」は主に西洋から流入した漢語以外の単語を指すので、「借用語」とは区別されます。漢語が伝わった年代には諸説ありますが、一説には論語が伝わった3世紀頃だとされています。

フランス語が日本に入って来たのは約150年ほど前で、それほど早い時期ではありません。それでも、芸術・料理・文化など幅広い分野に関するフランス語由来の言葉が日本に取り入れられました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「なぜ&どのようにフランス語の単語が日本に入って来たのか」についてご紹介しました。

日本とフランスの初めての接触は、1615年に支倉常長ら「慶長遣欧使節」がローマに向かう途中で、フランス南部のサントロペに上陸したのが初めてだとされています。その後、日本とフランスの関係が深まったのは幕末の開国後です。明治政府は「富国強兵」や「殖産興業」を推し進め、西欧化を目指しました。フランス語を介して日本に伝わった技術や学問は「フランス学」と呼ばれ、軍事・法律・政治・経済などの分野でも発展しました。

日本語になった外来語一覧
ドイツ語オランダ語ポルトガル語|フランス語 生活食べ物お菓子芸術|スペイン語 生活食べ物気象地名国名動物
 日本に外来語が伝わった経緯・歴史
ドイツ語オランダ語フランス語ポルトガル語
タイトルとURLをコピーしました