英語学習に役立つ接頭辞一覧 50選+@

語頭から覚える英語の単語集

今回は「英語学習に役立つ接頭辞一覧」をご紹介します。

英単語は、接頭辞・語根・接尾辞のように分解して覚えると理解が深まります。接頭辞は単語の大まかな意味を決める役割があるので、単語を覚えやすくなったり、知らない単語の意味を推測するのに役立ちます。

スポンサーリンク

英語学習に役立つ接頭辞一覧

英語にはたくさんの接頭辞がありますが、ここでは英語学習に役立つよく使われる接頭辞をご紹介します。単語一覧は各リンク先のページで紹介しています。

接頭辞意味
a-上、中、外、方向、強意、否定abroad (海外に)
ab離れて、反対absent (不在の)
ad-, a-方向、変化、付加、強意admit (認める)
an-, a-ない、否定anonymous (匿名の)
anti-反対、抗antibody (抗体)
auto-自身、自動automatic (自動の)
be-強意、近くbecome (~になる)
bi-2つbicycle (自転車)
co-共に、一緒にcoexist (共存する)
contra-反対、逆contrary (反対の)
de-下、分離、否定、反対decline (断る)
dis-, di-分離、否定、反対differ (異なる)
en-, em-中、~の状態にするenclose (囲む)
equi-等しいequal (等しい)
ex-, e-外、上、反対export (輸出する)
extra-外、範囲外extraordinary (並外れた)
for-禁止、無視forbid (禁ずる)
fore-前方、前もってforefront (最前部)
hyper-超、過度hypertension (高血圧)
in-中、否定inform (知らせる)
inter-間、中、相互interview (会見)
micro-極小microscope (顕微鏡)
mid-中間、真ん中midday (正午)
mini-小さい、短いminimal (最小の)
mis-間違い、悪い、否定mislead (誤解させる)
mono-1つmonopoly (独占)
multi-多い、多数のmultiple (多数の)
non-否定nonfiction (ノンフィクション)
ob-, o-反対、~に向かってobject (反対する)
on-ongoing (進行中の)
out-outcome (結果)
over-上、過度overcome (打ち勝つ)
para-近く、側parallel (平行の)
per-通して、完全にpermit (許可する)
poly-多数のpolygon (多角形)
post-後の、次のpostpone (延期する)
pre-前に、前もってprefer (好む)
pro-前に、前もって、代わりprolong (延長する)
re-再び、元に、後ろに、新たにrecall (思い出す)
semi-半分semifinal (準決勝)
sub-, su-下、副subway (地下鉄)
super-上、超supervise (監督する)
syn-共に、同時にsympathy (同情)
tele-遠い、電信telephone (電話)
trans-越えて、通ってtransfer (移動させる)
tri-3、3倍triangle (三角形)
un-否定、反対unable (できない)
under-下、少ないunderside (下側)
uni-1つunify (1つにする)
up-upside (上側)

 復習用の単語カード

その他の接頭辞

重要だけどそれほど単語数が多くない接頭辞一覧です。

接頭辞意味
ambi-両方ambiguous (曖昧な)
ana-上、後analysis (分析)
ante-前のantecedent (先の)
arch-原形architecture (建築)
bio-生命biography (伝記)
circum-周、回circumstance (事情)
dia-通過dialogue (対話)
hetero-他、異heterogeneous (異種の)
homo-同一homogeneous (同種の)
hypo-hypocrisy (偽善)
infra-infrastructure (基盤)
intro(a)-中、内introduce (紹介する)
meta-後、超metaphor (隠喩)
omni-すべてomnipotent (全能の)
proto-最初prototype (原型)
retro-後ろretrospect (回顧)
twi-2、2倍twice (2度)
with-離れて、反対withdraw (引っ込める)
スポンサーリンク

そもそも接頭辞とは?

接頭辞(prefix)とは、単語を構成する接辞(affix)の1つで、単語の頭の部分にあたります。例えば以下の部分です。

  • cooperate(協力する)の、co-
  • recover(回復する)の、re-
  • inform(知らせる)の、in-
operate(操作する)に、接頭辞のco-(一緒に)が付くことで、cooperate(協力する)という意味に変わります。

un-dis-のように反対の意味を作る接頭辞もあるため、接頭辞があるかないかで単語の意味は大きく変わってしまいます。接頭辞は接尾辞のように品詞を変える役割はありませんが、単語の意味を決定する重要な役割を持っています。

接頭辞を覚えると、以下のようなメリットがあります。

  • 単語を構造から理解できる
  • 単語を覚えやすくなる
  • 知らない単語の意味を推測しやすくなる

知らない単語があっても、知っている接頭辞、語根接尾辞を組み合わせることで、単語の意味を推測しやすくなります。ぜひ接頭辞を覚えて英語力の向上に繋げてください。皆さんの英語学習の一助になれば幸いです。

関連:英語学習に役立つ接尾辞一覧

語頭から覚える英単語集(約3000単語)
aabaddediscoenexinmisproresubununi一覧表
すべての接頭辞 (全43種) を開く

aabadanautobecocontradedisenequiexextraforforehyperinintermidminimismonomultioboutoverparaperpolypostpreproresubsupersynteletranstriununderuniup一覧表単語カード

タイトルとURLをコピーしました