クロード・ドビュッシーの「パスピエ」の意味と語源とは

バレエフランス語

ドビュッシーの曲はどれも美しい曲ばかりですよね。

ドビュッシーといえば、最も有名な曲は月の光(Clair de lune)ではないでしょうか。耳にすれば誰でも一度は聞いたことがある曲だと思います。

個人的には、夢想、亜麻色の髪の乙女、パスピエあたりも好きです。パスピエはベルガマスク組曲の第4曲目で、第3曲目の月の光の影に隠れているイメージが強いですが、小気味の良いメロディが魅力的な曲です。

音楽やパスピエについて詳しくないので調べてみたら、パスピエはフランス語で「通行する足」と言う意味があるそうです。スペルはpasse-pied。フランス語でpasseは「通過する」の現在1, 3人称単数、piedは「足」という意味があります。

英語ではpaspy, paspie, paspeなどと呼ばれていたそうですが、現在ではフランス語と同じpassepiedが使われているそうです。直訳するとpass-footです。

ちなみに、スペイン語でパスピエはpasapiépaspiéと言いますが、フランス語とほとんど同じ意味です。スペイン語でpasaは「通る」を意味する動詞pasarの3人称、pieは「足」を意味する名詞です。

ごがくねこ
ごがくねこ

スペイン語だとpasarの1人称はpasaではなくpasoになるので、動詞の活用のルールはフランス語とは若干異なるようですね。

そもそもパスピエとは舞曲の一種のようです。

パスピエは、16~18世紀頃のフランスの宮廷舞踏で、その特徴的なダンスのステップから、フランス語で「通行する足」を意味するパスピエ(passepied)と呼ばれるようになりました。特にフランスのオペラバレエなどの牧歌的なシーンでよく見られたそうです。

確かにドビュッシーのパスピエも、足踏みするような、行進曲のような、小気味良いリズムが特徴的です。

ゲームのBGMで似ている曲があったなと思い調べてみたら、ドラゴンクエストのBGM「広野を行く アレフガルドにて」のようです。そこまで似ているかは分かりませんが、こちらも名曲ですね。未知の荒野を颯爽と進む様は、まさにパスピエ(通行する足)っぽいとも言えますが、寂しさや孤独も感じさせる魅力的なBGMです。

ちなみに、ベルガマスク組曲のベルガマスクは、イタリア北西部にあるベルガモ(Bergamo)地方や、ベルガモ地方の舞曲に由来するそうですが、直接的な関係はないそうです。

語源を辿るのも中々難しいですね。

タイトルとURLをコピーしました