接尾辞の-nessと-lessの意味の違いと語源・由来について

column雑学・コラム

今回は英語の接尾辞の-ness-lessの意味の違いと語源・由来について振り返ります。

どちらも単語の末尾に付く接尾辞(suffix)の一種ですが、意味が大きく異なります。

  • ness
    「性質・状態」を表す名詞を作る
  • less
    「~のない」を表す形容詞を作る

冒頭のNLが1文字違うだけで意味がほぼ真逆になってしまうので特に気をつけたい接尾辞ですね。

-nessは基本的に形容詞からそのままの意味の名詞を作ります。

-lessは基本的に名詞から反対の意味の形容詞(まれに副詞)を作ります。

-nessは汎用性が高く、-less-ousなど他の接尾辞の後に追加することもあります。名詞を作りたい時はとりあえず-nessを付けてみる、というのも1つの方法かもしれません。

  • careless(不注意な)+ ness = carelessness(不注意)
  • conscious(意識的な)+ ness = consciousness(意識)

かなりスペルが長い単語ですが、分解してみるとそれほど難しくないですよね。

スポンサーリンク

-nessと-lessの語源・由来

語源を見てみると、-nessも-lessもゲルマン語に由来する接尾辞です。

-nessは、古英語の-nes、さらにはゲルマン祖語の*inassuという接尾辞に由来します。オランダの-nis、ドイツ語の-nis、スコットランド語の-nesなどと同族の接尾辞です。例えば、「暗闇」を意味する英語のdarknessとオランダ語のduisternis(ダウスタラニス)は同根語です。一説にはラテン語の接尾辞の-tudoと遠縁であるという説もあるようです。-tudoは英語の接尾辞の-tudeの祖先に当たります。-tudeも-nessと同じように「性質・状態」を表す抽象名詞を作りますが、-tudeで終わる単語はそこまで多くありません。一方、-nessはかなり生産性が高く、ほとんどの形容詞から名詞を作ることができます。

-lessは、古英語の-leas、さらにはゲルマン祖語の*lausazという接尾辞に由来します。オランダ語の-loos、ドイツ語の-losなどと同族の接尾辞です。さらに語源をさかのぼると、インド・ヨーロッパ祖語で「ゆるい、自由な」を意味する*leu-にたどり着きます。ここまで来ると、英語のloose(ゆるい)、lose(失う)、loss(紛失)、solve(解く)、dissolve(溶かす)、absolute(完全な=制約のない)などはどれも親戚になってきます。全体的にどれもゆるそうなイメージを持つ単語ですね。

英語の接尾辞にはラテン語に由来するものが多いですが、-nessも-lessもゲルマン語に由来する接尾辞なので、伝統的と言えるかもしれません。ラテン語系の接尾辞には、名詞を作る-tionや、形容詞を作る-tiveなど実に豊富です。ラテン語の接尾辞が英語に使われている理由の1つは、11世紀のノルマン・コンクエスト(Norman Conquest)によって大量のフランス語の単語がイングランドに持ち込まれたことが一因です。それ以外の理由については以下の記事でまとめているので今回はこの辺で。

英語の語彙に影響を与えた外国語
外国語を勉強していると、英語と似ている単語をよく見かけます。歴史的に英語は様々な外国語と言語接触を重…

今回は、英語の接尾辞の-ness-lessの意味の違いは何かと語源・由来について振り返りました。nessは形容詞から「性質・状態」を表す名詞を、lessは名詞や動詞から「~のない」を表す形容詞を作ります。意味は真逆ですが、どちらもゲルマン語に由来する接尾辞で、英語では古くから使われてきました。接尾辞は、語尾に追加するだけで語彙が増やせる便利ツールなので、ぜひ使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました