interviewer (インタビュアー) とinterviewee (インタビュイー) の違い

インタビュー雑学・コラム

interviewer(インタビュアー)とinterviewee(インタビュイー)はスペルが似ているので意味が紛らわしいですね。このような場合は語尾で単語の意味を判断するのが一番です。

基本的に、語尾の-erは「~する人」、語尾の-eeは「~される人」という意味があります。

  • interviewer/インタビュアー
    面接・会見・インタビューをする人
  • interviewee/インタビュイー
    面接・会見・インタビューされる人

2つの単語を分解すると、どちらもinterview(面接、面接する)という単語に、「~する/される人」を意味する接尾辞を組み合わせた構造になっています。

  • interviewer = interview (面接) + er (する人)
  • interviewee = interview (面接) + ee (される人)

interviewは、フランス語のentrevue(対面会議)やentrevoir(互いに会う)という言葉に由来しています。英語のinterは「相互に」、viewは「見る」という意味があり、直訳すると「相互に見る」という意味になります。そこから「会見する」や「面接する」という意味を持つようになりました。

オンライン語源辞典の「Etymonline」によれば、interviewerは1868年頃から、intervieweeは1883年頃から使われ始めました。まず初めにinterviewerが「報道関係者」を表す言葉として使われ始め、それに対応する「質問される側」としてintervieweeが造語されたようです。

それぞれの接尾辞について少し振り返ってみます。

interviewerで使われている接尾辞の-erは、「~する人」という意味があり、ゲルマン語に由来します。その他にもchatter(おしゃべりする)のような反復を表す動詞や、laterのような比較を表す形容詞や副詞を作る働きもあります。

intervieweeで使われている接尾辞の-eeは、「するされる人」という意味があり、アングロフランス語やラテン語に由来します。アングロフランス語(アングロ=ノルマン語)とはイングランドで話されていたノルマン語と英語が合わさった言語です。

「する人」を作るラテン語系の接尾辞には他にも-orがあります。どうやら「する人」と「される人」を区別するために-eeは使われ始めたようです。

参照:-ee – Etymonline

「する人」と「された人」の組み合わせとして、employer(雇い主)とemployee(従業員)、examiner(試験官)とexaminee(受験者)、trainer(訓練する人)とtrainee(訓練される人)、appointer(任命者)とappointee(任命された人)、payer(支払人)、payee(受取人)などがあります。

まとめです。

  • interviewerは、interview+er(~する人)で「インタビューをする人
  • intervieweeは、interview+ee(~される人)で「インタビューされる人
ごがくねこ
ごがくねこ

意味で迷ったら語尾で判断すると分かりやすいですね。

タイトルとURLをコピーしました