スペイン語で「美味しい!」を伝えるフレーズ

日常生活で使えるスペイン語のフレーズスペイン語のフレーズ集

美味しい料理を食べた時は「美味しい!」と伝えたいですよね。今回は、スペイン語で「美味しい、美味しそう、美味しかった」と伝える基本フレーズをご紹介します。

日常生活で使えるスペイン語のフレーズ【まとめ】
この記事は、スペイン語フレーズ集の「まとめ記事」です。一覧形式でまとめたのでぜひ下記リンクからご覧く…
スポンサーリンク

スペイン語で「美味しい!」

スペイン語で「美味しい!」と伝えるには、動詞estarと、rico、bueno、delicioso、sabroso、exquisitoなどの単語を使います。

rico/rica

例文 Está rico/rica.
発音 エスタ リコ/リカ
和訳 美味しいです。

「Está」は「~である」を意味する動詞「estar」の3人称単数形、「rico/a」は「金持ちの、豊かな、高価な、美味な」を意味する形容詞です。「rico」は英語の「rich」の同根語です。

似ている表現に「Es rico.」がありますが、serの方がestarより「永続的」な特徴があるので、「(誰が作っても)この料理は美味しい」というニュアンスもあります。また、「お金持ちです」という意味でも使われます。

bueno/buena

例文 Tu pastel está bueno.
発音 トゥ パステル エスタ ブエノ
和訳 君のケーキは美味しい。

「bueno/a」は「良い、上等な」を意味する形容詞です。英語の「good」にあたります。「bueno」を使った表現も「rico」と同じくらい良く使われます。

delicioso/deliciosa

例文 Esta sopa está deliciosa.
発音 エスタ ソパ エスタ デリシオサ
和訳 このスープは美味しいね。

「delicioso/a」は「心地よい、美味な」を意味する形容詞です。英語の「delicious」と同じ語源です。

スペイン語は英語と似ている単語から覚えると効率的です。

スペイン語と英語の似ている形容詞一覧【その他】
このシリーズではスペイン語と英語の似ている単語を一覧にしてまとめています。スペイン語と英語の似ている…

sabroso/sabrosa

例文 Esa manzana parece muy sabrosa.
発音 エサ マンサーナ パレセ ムイ サブロサ
和訳 あのリンゴは美味しそうだ。

「sabroso/a」は「風味のある、美味しい」を意味する形容詞です。「parece」は「~のように見える」を意味する動詞「perecer」の3人称単数です。「〇〇 parece …」で、「〇〇は…のように見える」という意味になります。

exquisito/exquisita

例文 Esta ensalada es muy exquisita.
発音 エステ エンサラダ エス ムイ エスキシタ
和訳 このサラダは美味しいね

「exquisito/a」は「上品な、美味な」を意味する形容詞です。英語の「exquisite」と同根語です。「エスキシト(タ)」の発音は少し言い辛いですね。

スペイン語で「とても美味しい!」

スペイン語で「とても美味しい!」と伝えるには、副詞感嘆詞を付け足します。

形容詞「muy」

例文 Está muy rico.
発音 エスタ ムイ リコ
和訳 とても美味しい。

「muy」は「非常に、とても」を意味する副詞です。動詞の「está」を省略した「Muy rico.」と言う表現も良く使います。

絶対最上級「-ísmo/a」

例文 Está riquísimo.
発音 エスタ リキシモ
和訳 すっごく美味しい!

スペイン語の形容詞は、語尾の母音「-o/a」を取って「-ísmo/a」に変えると絶対最上級になり、「すごく、とても」という強調表現になります。例えば「bueno」なら「buenísimo」です。

感嘆詞「Qué」

例文 ¡Qué rico!
発音 ケ リコ
和訳 なんて美味しいんだ!

例文 ¡Qué buen café!
発音 ケ ブエン カフェ
和訳 なんて美味しいコーヒーなんだ!

「Qué」には「何」という意味がありますが、「Qué+名詞/形容詞/副詞」で「なんて~なんだ」という表現になります。感嘆詞「Qué」を使った表現は、驚きや気持ちを大々的に伝える時に使います。

スペイン語で「美味しそう!」

スペイン語で「美味しそう」と伝えるフレーズです。

  • Tiene muy buena pinta. / ティエネ ムイ ブエナ ピンタ
  • Eso luce delicioso. / エソ ルセ デリシオソ
  • Parece rico. / パレセ リコ
  • Se ve delicioso. / セ べ デリシオソ

1つ目の例文の「tiene」は「持つ」を意味する動詞「tener」の3人称単数形、「pinta」は「斑点、外見、様子、印」を意味する名詞です。

2~4つ目の例文の「luce+〇〇」、「parece+〇〇」、「se+ve+〇〇」は「~に見える、~のよう、~そう」という意味になります。

その他の表現

美味しかった

スペイン語で「美味しかった」と伝えるフレーズです。

  • Estaba delicioso. / エスタバ デリシオソ
  • Estaba rico. / エスタバ リコ

「Estaba」は動詞「estar」の直説法線過去・3人称単数形です。

ごちそうさま

スペイン語には「ごちそうさま」のような表現はありませんが、御馳走になったのなら感謝を伝えるのが一般的です。

例文 Muchas gracias.
発音 ムチャス グラシアス
和訳 どうもありがとう。

例文 Gracias por la invitación.
発音 グラシアス ポル ラ インビタシオン
和訳 ご招待ありがとうございます。

「gracias por 〇〇」で「〇〇についてありがとう」という意味になります。

不味い

「不味い」は意外と重要な表現です。

南米に数年間住んでいると、日本がどれだけ綺麗で衛生的な国なのかを本当に実感します。食べている料理が腐っていたり、何か問題がある場合もあるので、「不味い」というスペイン語の表現も覚えておいて損はないと思います。

例文 Esto es malo.
発音 エスト エス マロ
和訳 美味しくないね。

「malo」は「悪い、粗悪な、下手な」を意味する形容詞です。「no bueno」でも「良くない、不味い」という意味になります。

例文 Esta sopa tiene un sabor raro.
発音 エスタ ソパ ティエネ ウン サボール ラロ
和訳 このスープは変な味がする。

「sabor」は「味、風味」、「raro」は「珍しい、変な」という意味があります。「tener+sabor+〇〇」の組み合わせで「〇〇の味がする」という表現になります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スペイン語で「美味しい、美味しかった、美味しそう」を伝える基本フレーズをご紹介しました。どれも日常会話で使える簡単なフレーズなので、食事をした際、誰かにご馳走になった際にぜひ使ってみてください。

スペイン語の単語学習におすすめの本

単語学習は「反復記憶法」が効果的です。何度も繰り返し聞く「キクタン」の勉強方法はスペイン語にも最適です。わずかな時間でも継続的に聞くことが大切なので、私もながら作業や隙間時間を利用して色々な言語のキクタンを聞き流しています。塵も積もれば山となるです。

スペイン語のフレーズ集
スポンサーリンク
ごがくねこ
タイトルとURLをコピーしました