英単語の平均的な文字数はいくつか

アルファベット雑学・コラム

前回クロスワードに役立ちそうな「文字数別の英単語集」を作成した際に、「英単語の平均的な文字数」が気になったので調べてみました。

アメリカの計算機科学者ピーター・ノーヴィグ(Peter Norvig)氏が、Googleブックスにある約97,565の異なる単語を分析したところ、1単語に使われる平均的な文字数は4.79文字だったそうです。

下の表は「文字数別の英単語」の割合です。

文字数割合文字数割合
13.00%94.44%
217.65%103.08%
320.51%111.76%
414.79%120.96%
510.70%130.52%
68.39%140.22%
77.94%150.08%
85.94%160.02%

出典:“English Letter Frequency Count” Peter Norvigより作成

多い順に、3, 2, 4, 5, 6文字でした。

この調査ではGoogleブックスの膨大なコーパスを基にして、文字数以外にも「最も使われるアルファベット」や「最も使われる頭文字」なども分析していて非常に興味深いデータになっています。

どのような単語が使われるのかは媒体によって異なります。例えば、ニュースサイトでは難しそうな単語が多いイメージがありますが、分かりやすく伝えるために短い単語を使うサイトも多いようです。ある調査によれば、「The New York Times」は平均4.9文字、「Wall Street Journal」は平均4.8文字、「BBC News」は平均4.7文字の単語が使われているという分析結果もありました。

参照:“What’s the best length of a word online?” Reach more readers

媒体が違うのにどれも同じような結果になるのが面白いですね。

ちなみに、当サイトでも「ABC順に覚える英単語」や「接尾辞から覚える英単語」などで英単語を紹介していますが、2020年8月現在、約7282単語を紹介しています。検証するには少ない単語数ですが、参考までに平均の文字数を調べてみました。

「ごがくねこ」で紹介している約7282単語(2020年8月現在)の文字数の割合

文字数単語数割合文字数単語数割合
2310.43%985811.78%
32273.12%106518.94%
46989.59%114335.95%
579610.93%122112.90%
6108914.95%131271.74%
7114415.71%14500.69%
8106714.65%15120.16%

なんと平均7.50文字でした。難しい単語を紹介し過ぎたのかもしれません。それとも「単語集」の平均値は高くなる傾向があるのでしょうか。詳細は不明ですが、もう少し短い単語も紹介するように心がけます。

スポンサーリンク

なぜ平均4.79文字なのか?

英語には文字数が長い単語が沢山ありますが、なぜ平均4.79文字程度になるのでしょうか。例えば、いくつか「15文字以上の英単語」を挙げてみると、differentiation (区別), psychologically (心理的に), counterclockwise (反時計回りに), misunderstanding (誤解) などがあります。これらの単語を見る限り、それほど頻出度が高いというわけではありません。平均文字数が4.7文字程度なのは、どうやらそれ以上に短い単語の方が良く使われるからのようです。

例えば、2文字の英単語には、an, at, be, by, do, go, me, my, we, it, is, in, to, of, onなどが、3文字の英単語には、and, all, but, day,  the, wasなどがあります。どれかは会話に一度は出てきそうな超頻出単語ですね。

また言葉自体の特性もあるでしょう。日常的に使われる言葉は、話者が使いやすいように音韻や形態が日々微妙に変化し続けています。そのような言語自体の特性というのも考えられるかもしれません。

まとめです。

英単語の平均文字数は4.79文字。

このような膨大なデータベース(コーパス)を活用した英単語の研究には、以下のような調査もあります。

参考 英単語で最も頻繁に使われるアルファベット
参考 英単語で最も頻繁に使われる頭文字
参考 英語にはいくつの単語があるか

参考 最もよく使われる英単語ランキング
参考 英語で最もよく使われる名詞 25選
参考 英語で最もよく使われる動詞 25選
参考 英語で最もよく使われる形容詞 25選

タイトルとURLをコピーしました