スペイン語と英語の間違えやすい形容詞一覧

スペイン語と英語の似ているけど意味が違う単語スペイン語と英語の間違えやすい単語

この記事では間違えやすいスペイン語と英語の単語を一覧にしてまとめています。

今回は形容詞です。

スペルが似ているけど意味が違う単語を言語学では空似言葉(false friends)と呼んでいます。スペイン語と英語は同じ語源を持つ同根語(cognate)が多いので、似ている単語から覚えると効率的ですが、実は意味が違う空似言葉には注意してください。

スポンサーリンク

英語とスペイン語の間違えやすい形容詞一覧

actual – actual

英語のactualは「実際の」という意味があり、スペイン語ではrealといいます。

スペイン語のactualは「現在の」という意味があり、英語ではpresentといいます。

anchor – ancho

英語のanchorは「錨」という意味があり、スペイン語ではancleといいます。

スペイン語のanchoは「広い」という意味があり、英語ではwideといいます。

ancient – anciano

英語のancientは「古代の」という意味があり、スペイン語ではantiguoといいます。

スペイン語のancianoは「年老いた」という意味があり、英語ではelderlyといいます。

assiduous – asiduo

英語のassiduousは「勤勉な」という意味があり、スペイン語ではdiligenteといいます。

スペイン語のasiduoは「頻繁な」という意味があり、英語ではfrequentといいます。

bizarre – bizarro

英語のbizarreは「奇妙な」という意味があり、スペイン語ではextrañoといいます。

スペイン語のbizarroは「勇敢な」という意味があり、英語ではbraveといいます。

bland – blando

英語のblandは「味のない」という意味があり、スペイン語ではinsípidoといいます。

スペイン語のblandoは「柔らかい」という意味があり、英語ではsoftといいます。

blanket – blanco

英語のblanketは「毛布」という意味があり、スペイン語ではmantaといいます。

スペイン語のblancoは「白(い)」という意味があり、英語ではwhiteといいます。

candid – cándido

英語のcandidは「率直な」という意味があり、スペイン語ではfrancoといいます。

スペイン語のcándidoは「無邪気な」という意味があり、英語ではnaiveといいます。

complimentary – complementario

英語のcomplimentaryは「賞賛の」という意味があり、スペイン語ではelogiosoといいます。

スペイン語のcomplementarioは「補足の」という意味があり、英語ではcomplementaryといいます。

desperado – desesperado

英語のdesperadoは「無法者」という意味があり、スペイン語ではforajidoといいます。

スペイン語のdesesperadoは「絶望的な」という意味があり、英語ではdesperateといいます。

devil – débil

英語のdevilは「悪魔」という意味があり、スペイン語ではdiabloといいます。

スペイン語のdébilは「弱い」という意味があり、英語ではweakといいます。

embarrassed – embarazada

英語のembarrassedは「恥ずかしい」という意味があり、スペイン語ではavergonzadaといいます。

スペイン語のembarazadaは「妊娠中」という意味があり、英語ではpregnantといいます。

estimate – estimado

英語のestimateは「見積もり」という意味があり、スペイン語ではestimaciónといいます。

スペイン語のestimadoは「評価の高い」という意味があり、英語ではdearといいます。

fastidious – fastidioso

英語のfastidiousは「気難しい」という意味があり、スペイン語ではexigenteといいます。

スペイン語のfastidiosoは「不快な」という意味があり、英語ではannoyingといいます。

genial – genial

英語のgenialは「愛想のよい」という意味があり、スペイン語ではsimpáticoといいます。

スペイン語のgenialは「すばらしい」という意味があり、英語ではbrilliantといいます。

gracious – gracioso

英語のgraciousは「礼儀正しい」という意味があり、スペイン語ではcortésといいます。

スペイン語のgraciosoは「おもしろい」という意味があり、英語ではfunnyといいます。

impair – impar

英語のimpairは「悪くする」という意味があり、スペイン語ではdañarといいます。

スペイン語のimparは「奇数の」という意味があり、英語ではoddといいます。

inhabitable – inhabitable

英語のinhabitableは「住める」という意味があり、スペイン語ではhabitableといいます。

スペイン語のinhabitableは「住めない」という意味があり、英語ではuninhabitableといいます。

large – largo

英語のlargeは「大きい」という意味があり、スペイン語ではgrandeといいます。

スペイン語のlargoは「長い」という意味があり、英語ではlongといいます。

mayor – mayor

英語のmayorは「市長」という意味があり、スペイン語ではalcaldeといいます。

スペイン語のmayorは「より大きい」という意味があり、英語ではmajorといいます。

player – playero

英語のplayerは「競技者」という意味があり、スペイン語ではjugadorといいます。

スペイン語のplayeroは「海辺の」という意味があり、英語ではbeachといいます。

preoccupied – preocupado

英語のpreoccupiedは「うわの空の」という意味があり、スペイン語ではdistraídoといいます。

スペイン語のpreocupadoは「心配した」という意味があり、英語ではworriedといいます。

quiet – quieto

英語のquietは「静かな」という意味があり、スペイン語ではsilenciosoといいます。

スペイン語のquietoは「動かない」という意味があり、英語ではstillといいます。

salvage – salvaje

英語のsalvageは「救助、救う」という意味があり、スペイン語ではsalvamento, salvarといいます。

スペイン語のsalvajeは「野生の、未開の」という意味があり、英語ではwild, savageといいます。

sane – sano

英語のsaneは「正気の」という意味があり、スペイン語ではcuerdoといいます。

スペイン語のsanoは「健康な」という意味があり、英語ではhealthyといいます。

sensible – sensible

英語のsensibleは「分別のある」という意味があり、スペイン語ではsensatoといいます。

スペイン語のsensibleは「敏感な」という意味があり、英語ではsensitiveといいます。

sever – severo

英語のseverは「切る」という意味があり、スペイン語ではcortarといいます。

スペイン語のseveroは「厳しい」という意味があり、英語ではsevereといいます。

stationery – estacionario

英語のstationeryは「文房具」という意味があり、スペイン語ではartículos de escritorioといいます。

スペイン語のestacionarioは「止まっている」という意味があり、英語ではstationaryといいます。

suave – suave

英語のsuaveは「愛想のよい」という意味があり、スペイン語ではafableといいます。

スペイン語のsuaveは「柔らかい」という意味があり、英語ではsoftといいます。

template – templado

英語のtemplateは「ひな型、テンプレート」という意味があり、スペイン語ではplantillaといいます。

スペイン語のtempladoは「節度のある、温暖な」という意味があり、英語ではtemperateといいます。

terrific – terrorífico

英語のterrificは「素晴らしい」という意味があり、スペイン語ではgenialといいます。

スペイン語のterroríficoは「恐ろしい」という意味があり、英語ではhorribleといいます。

topic – tópico

英語のtopicは「論題」という意味があり、スペイン語ではtemaといいます。

スペイン語のtópicoは「陳腐な」という意味があり、英語ではclicheといいます。

tyrant – tirante

英語のtyrantは「暴君」という意味があり、スペイン語ではtiranoといいます。

スペイン語のtiranteは「ぴんと張った、ストラップ」という意味があり、英語ではtight, strapといいます。

voluble – voluble

英語のvolubleは「多弁な」という意味があり、スペイン語ではlocuazといいます。

スペイン語のvolubleは「移り気な」という意味があり、英語ではfickleといいます。

まとめ

今回は英語とスペイン語の空似言葉(似ているけど意味が違う間違えやすい単語)をご紹介しました。

英語とスペイン語は約20%の単語が共通していると言われているので、類似している単語から学習すると効率的です。似ている単語の多くは同じ語源を持つ同根語です。同根語は語尾変化に法則性があるので、この法則を覚えることで、より効率的に単語を覚えることができると思います。

スポンサーリンク
スペイン語学習におすすめの本

スペイン語学習におすすめの本はこちらです。

  1. 初心者向け:ゼロからスタートスペイン語楽天/Yahoo
  2. 中級者向け:中級スペイン文法楽天/Yahoo
  3. 聞き流し用:キクタン スペイン語楽天/Yahoo
スペイン語初心者の方は「ゼロからスタートスペイン語 文法編」がおすすめです。文法の基礎を初めて学ぶ人にもわかりやすく解説しています。 中級者以上は「中級スペイン文法」がおすすめです。ページ数は600ページ以上。あらゆる文法が詳細に解説されている、一生使える文法書です。初心者でも本格的にスペイン語を学びたい方は是非持っておきたい必携の文法辞典です。 聞き流しには「キクタン」がおすすめです。単語学習は何度も繰り返す「反復記憶法」が効果的です。私も色々な言語のキクタンを聞き流しています。塵も積もれば山となるです。
スペイン語と英語の間違えやすい単語
ごがくねこ
タイトルとURLをコピーしました