スペイン語と英語の間違えやすい動詞一覧

スペイン語と英語の似ているけど意味が違う単語スペイン語と英語の間違えやすい単語

この記事では間違えやすいスペイン語と英語の単語を一覧にしてまとめています。

今回は動詞です。

スペルが似ているけど意味が違う単語を言語学では空似言葉(false friends)と呼んでいます。スペイン語と英語は同じ語源を持つ同根語(cognate)が多いので、似ている単語から覚えると効率的ですが、実は意味が違う空似言葉には注意してください。

スポンサーリンク

英語とスペイン語の間違えやすい動詞一覧

abate – abatir

英語のabateは「和らげる」という意味があり、スペイン語ではcalmarといいます。

スペイン語のabatirは「打ち倒す」という意味があり、英語ではbeatといいます。

accommodate – acomodar

英語のaccommodateは「泊める」という意味があり、スペイン語ではalojarといいます。

スペイン語のacomodarは「気楽にする」という意味があり、英語ではmake oneself comfortableといいます。

adjudicate – adjudicar

英語のadjudicateは「裁く」という意味があり、スペイン語ではarbitrarといいます。

スペイン語のadjudicarは「授与する」という意味があり、英語ではawardといいます。

affront – afrontar

英語のaffrontは「侮辱する」という意味があり、スペイン語ではafrentarといいます。

スペイン語のafrontarは「立ち向かう」という意味があり、英語ではface up toといいます。

agonize – agonizar

英語のagonizeは「ひどく苦しむ」という意味があり、スペイン語ではsufrir horriblementeといいます。

スペイン語のagonizarは「死に瀕する」という意味があり、英語ではbe dyingといいます。

anticipate – anticipar

英語のanticipateは「予想する」という意味があり、スペイン語ではpreverといいます。

スペイン語のanticiparは「早める」という意味があり、英語ではadvanceといいます。

apprehend – aprender

英語のapprehendは「捕まえる」という意味があり、スペイン語ではapresarといいます。

スペイン語のaprenderは「学ぶ」という意味があり、英語ではlearnといいます。

assist – asistir

英語のassistは「助ける」という意味があり、スペイン語ではayudarといいます。

スペイン語のasistirは「出席する」という意味があり、英語ではattendといいます。

attend – atender

英語のattendは「出席する」という意味があり、スペイン語ではasistirといいます。

スペイン語のatenderは「注意を払う」という意味があり、英語ではpay attentionといいます。

blind – blindar

英語のblindは「目の見えない」という意味があり、スペイン語ではciegoといいます。

スペイン語のblindarは「装甲する」という意味があり、英語ではshieldといいます。

chill – chillar

英語のchillは「冷やす」という意味があり、スペイン語ではenfriarといいます。

スペイン語のchillarは「わめく」という意味があり、英語ではscreechといいます。

choke – chocar

英語のchokeは「息苦しくさせる」という意味があり、スペイン語ではahogarといいます。

スペイン語のchocarは「衝突する」という意味があり、英語ではcrashといいます。

come – come

英語のcomeは「来る」という意味があり、スペイン語ではvenirといいます。

スペイン語のcomeは「食べる(comerの直説法・3人称単数)」という意味があり、英語ではeatといいます。

construe – construir

英語のconstrueは「解釈する」という意味があり、スペイン語ではinterpretarといいます。

スペイン語のconstruirは「建築する」という意味があり、英語ではbuildといいます。

contest – contestar

英語のcontestは「争う」という意味があり、スペイン語ではcontenderといいます。

スペイン語のcontestarは「答える」という意味があり、英語ではanswerといいます。

convene – convenir

英語のconveneは「招集する」という意味があり、スペイン語ではconvocarといいます。

スペイン語のconvenirは「都合がよい」という意味があり、英語ではsuitといいます。

deliver – deliberar

英語のdeliverは「配達する」という意味があり、スペイン語ではrepartirといいます。

スペイン語のdeliberarは「審議する」という意味があり、英語ではdeliberateといいます。

desperate – despertar

英語のdesperateは「絶望的な」という意味があり、スペイン語ではdesesperadoといいます。

スペイン語のdespertarは「起きる」という意味があり、英語ではawakeといいます。

destitute – destituir

英語のdestituteは「極貧の」という意味があり、スペイン語ではindigenteといいます。

スペイン語のdestituirは「免職する」という意味があり、英語ではdismissといいます。

dice – dice

英語のdiceは「さいころ」という意味があり、スペイン語ではdadoといいます。

スペイン語のdiceは「言う(decirの直説法・3人称単数)」という意味があり、英語ではsaysといいます。

dilapidate – dilapidar

英語のdilapidateは「破損させる」という意味があり、スペイン語ではdesvencijarといいます。

スペイン語のdilapidarは「浪費する」という意味があり、英語ではsquanderといいます。

echo – echo

英語のechoは「反響」という意味があり、スペイン語ではecoといいます。

スペイン語のechoは「投げる(echarの現在・1人称単数)」という意味があり、英語では(I) throwといいます。

engross – engrosar

英語のengrossは「注意をひきつける」という意味があり、スペイン語ではabsorberといいます。

スペイン語のengrosarは「増やす」という意味があり、英語ではswellといいます。

enjoy – enjoyar

英語のenjoyは「楽しむ」という意味があり、スペイン語ではdisfrutarといいます。

スペイン語のenjoyarは「宝石で飾る」という意味があり、英語ではbejewelといいます。

envy – enviar

英語のenvyは「羨む」という意味があり、スペイン語ではenvidiarといいます。

スペイン語のenviarは「送る」という意味があり、英語ではsendといいます。

espouse – esposar

英語のespouseは「支持する」という意味があり、スペイン語ではapoyarといいます。

スペイン語のesposarは「手錠をかける」という意味があり、英語ではhandcuffといいます。

grab – grabar

英語のgrabは「つかむ」という意味があり、スペイン語ではagarrarといいます。

スペイン語のgrabarは「記録する」という意味があり、英語ではrecordといいます。

hurt – hurtar

英語のhurtは「傷つける」という意味があり、スペイン語ではherirといいます。

スペイン語のhurtarは「くすねる」という意味があり、英語ではpurloinといいます。

improve – improvisar

英語のimproveは「改善する」という意味があり、スペイン語ではmejorarといいます。

スペイン語のimprovisarは「即興で作る」という意味があり、英語ではimproviseといいます。

introduce – introducir

英語のintroduceは「紹介する」という意味があり、スペイン語ではpresentarといいます。

スペイン語のintroducirは「差し込む」という意味があり、英語ではinsertといいます。

pretend – pretender

英語のpretendは「ふりをする」という意味があり、スペイン語ではfingirといいます。

スペイン語のpretenderは「試みる」という意味があり、英語ではattemptといいます。

procure – procurar

英語のprocureは「手に入れる」という意味があり、スペイン語ではconseguirといいます。

スペイン語のprocurarは「試みる」という意味があり、英語ではtryといいます。

realize – realizar

英語のrealizeは「気付く」という意味があり、スペイン語ではdarse cuentaといいます。

スペイン語のrealizarは「実行する」という意味があり、英語ではcarry outといいます。

rebate – rebatir

英語のrebateは「払い戻し」という意味があり、スペイン語ではreembolsoといいます。

スペイン語のrebatirは「反論する」という意味があり、英語ではrebutといいます。

recollect – recolectar

英語のrecollectは「思い出す」という意味があり、スペイン語ではrecordarといいます。

スペイン語のrecolectarは「収集する」という意味があり、英語ではcollectといいます。

record – recordar

英語のrecordは「記録する」という意味があり、スペイン語ではgrabarといいます。

スペイン語のrecordarは「思い出す」という意味があり、英語ではrememberといいます。

remove – remover

英語のremoveは「取り除く」という意味があり、スペイン語ではquitarといいます。

スペイン語のremoverは「かき回す」という意味があり、英語ではstirといいます。

rest – restar

英語のrestは「休む」という意味があり、スペイン語ではdescansarといいます。

スペイン語のrestarは「引く、減らす」という意味があり、英語ではsubtractといいます。

resume – resumir

英語のresumeは「再開する」という意味があり、スペイン語ではreanudarといいます。

スペイン語のresumirは「要約する」という意味があり、英語ではsummarizeといいます。

revolver – revolver

英語のrevolverは「リボルバー」という意味があり、スペイン語ではrevólverといいます。

スペイン語のrevolverは「かき混ぜる」という意味があり、英語ではstirといいます。

sea – sea

英語のseaは「海」という意味があり、スペイン語ではmarといいます。

スペイン語のseaは「行く(serの接続法・1, 3人称単数)」という意味があり、英語ではbeといいます。

stretch – estrechar

英語のstretchは「伸ばす」という意味があり、スペイン語ではestirarといいます。

スペイン語のestrecharは「狭める」という意味があり、英語ではnarrowといいます。

subside – subsidiar

英語のsubsideは「治まる、沈む」という意味があり、スペイン語ではcalmar, hundirseといいます。

スペイン語のsubsidiarは「助成金を出す」という意味があり、英語ではsubsidizeといいます。

support – soportar

英語のsupportは「支援する」という意味があり、スペイン語ではapoyarといいます。

スペイン語のsoportarは「我慢する」という意味があり、英語ではput up withといいます。

まとめ

今回は英語とスペイン語の空似言葉(似ているけど意味が違う間違えやすい単語)をご紹介しました。

英語とスペイン語は約20%の単語が共通していると言われているので、類似している単語から学習すると効率的です。似ている単語の多くは同じ語源を持つ同根語です。同根語は語尾変化に法則性があるので、この法則を覚えることで、より効率的に単語を覚えることができると思います。

スポンサーリンク
スペイン語学習におすすめの本

スペイン語学習におすすめの本はこちらです。

  1. 初心者向け:ゼロからスタートスペイン語楽天/Yahoo
  2. 中級者向け:中級スペイン文法楽天/Yahoo
  3. 聞き流し用:キクタン スペイン語楽天/Yahoo
スペイン語初心者の方は「ゼロからスタートスペイン語 文法編」がおすすめです。文法の基礎を初めて学ぶ人にもわかりやすく解説しています。 中級者以上は「中級スペイン文法」がおすすめです。ページ数は600ページ以上。あらゆる文法が詳細に解説されている、一生使える文法書です。初心者でも本格的にスペイン語を学びたい方は是非持っておきたい必携の文法辞典です。 聞き流しには「キクタン」がおすすめです。単語学習は何度も繰り返す「反復記憶法」が効果的です。私も色々な言語のキクタンを聞き流しています。塵も積もれば山となるです。
スペイン語と英語の間違えやすい単語
ごがくねこ
タイトルとURLをコピーしました