スペイン語と英語の間違えやすい名詞一覧①a-c

スペイン語と英語の似ているけど意味が違う単語スペイン語と英語の間違えやすい単語

この記事では間違えやすいスペイン語と英語の単語を一覧にしてまとめています。

今回は名詞a-cです。

スペルが似ているけど意味が違う単語を言語学では空似言葉(false friends)と呼んでいます。スペイン語と英語は同じ語源を持つ同根語(cognate)が多いので、似ている単語から覚えると効率的ですが、実は意味が違う空似言葉には注意してください。

スポンサーリンク

英語とスペイン語の間違えやすい名詞一覧a-c

adept – adepto

英語のadeptは「熟達した」という意味があり、スペイン語ではexpertoといいます。

スペイン語のadeptoは「支持者」という意味があり、英語ではfollowerといいます。

advertisement – advertencia

英語のadvertisementは「広告」という意味があり、スペイン語ではanunciaといいます。

スペイン語のadvertenciaは「警告」という意味があり、英語ではwarningといいます。

affluent – afluente

英語のaffluentは「裕福な」という意味があり、スペイン語ではprósperoといいます。

スペイン語のafluenteは「支流」という意味があり、英語ではtributaryといいます。

alcove – alcoba

英語のalcoveは「小空間」という意味があり、スペイン語ではhuecoといいます。

スペイン語のalcobaは「寝室」という意味があり、英語ではbedroomといいます。

alumna – alumna

英語のalumnaは「女子の卒業生、同級生」という意味があり、スペイン語ではexalumnaといいます。

スペイン語のalumnaは「女子生徒」という意味があり、英語ではfemale pupilといいます。

alumnus – alumno

英語のalumnusは「男子の卒業生、同級生」という意味があり、スペイン語ではexalumnoといいます。

スペイン語のalumnoは「男子生徒」という意味があり、英語ではmale pupilといいます。

America – América

英語のAmericaは「アメリカ合衆国」という意味があり、スペイン語ではEstados Unidos de Américaといいます。

スペイン語のAméricaは「アメリカ(大陸)」という意味があり、英語ではThe Americasといいます。

arena – arena

英語のarenaは「闘技場」という意味があり、スペイン語ではestadioといいます。

スペイン語のarenaは「砂」という意味があり、英語ではsandといいます。

arm – arma

英語のarmは「腕」という意味があり、スペイン語ではbrazoといいます。

スペイン語のarmaは「武器」という意味があり、英語ではweaponといいます。

army – armada

英語のarmyは「陸軍、軍隊」という意味があり、スペイン語ではejércitoといいます。

スペイン語のarmadaは「海軍、艦隊」という意味があり、英語ではnavyといいます。

as – as

英語のasは「~のように」という意味があり、スペイン語ではcomoといいます。

スペイン語のasは「エース」という意味があり、英語ではaceといいます。

aspersion – aspersión

英語のaspersionは「中傷」という意味があり、スペイン語ではcalumniaといいます。

スペイン語のaspersiónは「散水」という意味があり、英語ではsprayingといいます。

avocado – abogado

英語のavocadoは「アボカド」という意味があり、スペイン語ではaguacateといいます。

スペイン語のabogadoは「弁護士」という意味があり、英語ではlawyerといいます。

bald – balde

英語のbaldは「はげた」という意味があり、スペイン語ではcalvoといいます。

スペイン語のbaldeは「バケツ」という意味があり、英語ではbucketといいます。

balloon – balón

英語のballoonは「気球」という意味があり、スペイン語ではgloboといいます。

スペイン語のbalónは「ボール」という意味があり、英語ではballといいます。

bark – barco

英語のbarkは「ほえ声、樹皮」という意味があり、スペイン語ではcorteza, ladridoといいます。

スペイン語のbarcoは「船」という意味があり、英語ではshipといいます。

bigot – bigote

英語のbigotは「偏狭な人」という意味があり、スペイン語ではintoleranteといいます。

スペイン語のbigoteは「口ひげ」という意味があり、英語ではmustacheといいます。

billion – billón

英語のbillionは「10億」という意味があり、スペイン語ではmil millonesといいます。

スペイン語のbillónは「1兆」という意味があり、英語ではtrillionといいます。

body – boda

英語のbodyは「体」という意味があり、スペイン語ではcuerpoといいます。

スペイン語のbodaは「結婚式」という意味があり、英語ではweddingといいます。

bomber – bombero

英語のbomberは「爆撃機」という意味があり、スペイン語ではbombarderoといいます。

スペイン語のbomberoは「消防士」という意味があり、英語ではfirefighterといいます。

both – voz

英語のbothは「両方、両方の」という意味があり、スペイン語ではambosといいます。

スペイン語のvozは「声」という意味があり、英語ではvoiceといいます。

camp – campo

英語のcampは「キャンプ」という意味があり、スペイン語ではcampamentoといいます。

スペイン語のcampoは「田舎」という意味があり、英語ではcountrysideといいます。

can – can

英語のcanは「~できる、缶」という意味があり、スペイン語ではpoder, lataといいます。

スペイン語のcanは「犬」という意味があり、英語ではhoundといいます。

car – cara

英語のcarは「車」という意味があり、スペイン語ではcarroといいます。

スペイン語のcaraは「顔」という意味があり、英語ではfaceといいます。

carbon – carbón

英語のcarbonは「炭素」という意味があり、スペイン語ではcarbonoといいます。

スペイン語のcarbónは「石炭」という意味があり、英語ではcoalといいます。

carpet – carpeta

英語のcarpetは「じゅうたん」という意味があり、スペイン語ではalfombraといいます。

スペイン語のcarpetaは「フォルダ」という意味があり、英語ではfolderといいます。

cart – carta

英語のcartは「手押し車」という意味があり、スペイン語ではcarroといいます。

スペイン語のcartaは「手紙」という意味があり、英語ではletterといいます。

cask – casco

英語のcaskは「樽」という意味があり、スペイン語ではbarrilといいます。

スペイン語のcascoは「ヘルメット」という意味があり、英語ではhelmetといいます。

casket – casquete

英語のcasketは「ひつぎ」という意味があり、スペイン語ではataúdといいます。

スペイン語のcasqueteは「スカルキャップ」という意味があり、英語ではskullcapといいます。

casualty – casualidad

英語のcasualtyは「死傷者」という意味があり、スペイン語ではvíctimaといいます。

スペイン語のcasualidadは「偶然」という意味があり、英語ではchanceといいます。

celery – celeridad

英語のceleryは「セロリ」という意味があり、スペイン語ではapioといいます。

スペイン語のceleridadは「迅速さ」という意味があり、英語ではhasteといいます。

champion – champiñón

英語のchampionは「チャンピオン」という意味があり、スペイン語ではcampeónといいます。

スペイン語のchampiñónは「マッシュルーム」という意味があり、英語ではmushroomといいます。

city – cita

英語のcityは「都市」という意味があり、スペイン語ではciudadといいます。

スペイン語のcitaは「予定」という意味があり、英語ではappointmentといいます。

cloak – cloaca

英語のcloakは「マント」という意味があり、スペイン語ではcapaといいます。

スペイン語のcloacaは「下水管」という意味があり、英語ではsewerといいます。

code – codo

英語のcodeは「コード、法典」という意味があり、スペイン語ではcódigoといいます。

スペイン語のcodoは「肘」という意味があり、英語ではelbowといいます。

college – colegio

英語のcollegeは「大学」という意味があり、スペイン語ではuniversidadといいます。

スペイン語のcolegioは「高校」という意味があり、英語では(high) schoolといいます。

commodity – comodidad

英語のcommodityは「商品」という意味があり、スペイン語ではmercancíaといいます。

スペイン語のcomodidadは「快適さ」という意味があり、英語ではcomfortといいます。

complexion – complexión

英語のcomplexionは「顔色」という意味があり、スペイン語ではtez, cutisといいます。

スペイン語のcomplexiónは「体質」という意味があり、英語ではconstitutionといいます。

compliment – complemento

英語のcomplimentは「ほめ言葉」という意味があり、スペイン語ではelogioといいます。

スペイン語のcomplementoは「補足」という意味があり、英語ではcomplementといいます。

compromise – compromiso

英語のcompromiseは「妥協」という意味があり、スペイン語ではarregloといいます。

スペイン語のcompromisoは「約束」という意味があり、英語ではcommitmentといいます。

concourse – concurso

英語のconcourseは「コンコース、合流」という意味があり、スペイン語ではvestíbulo, confluenciaといいます。

スペイン語のconcursoは「競技会」という意味があり、英語ではcompetitionといいます。

conduct – conducto

英語のconductは「行動」という意味があり、スペイン語ではconductaといいます。

スペイン語のconductoは「パイプ」という意味があり、英語ではpipeといいます。

confident – confidente

英語のconfidentは「確信している」という意味があり、スペイン語ではconfiadoといいます。

スペイン語のconfidenteは「相談できる親友」という意味があり、英語ではconfidantといいます。

coroner – coronel

英語のcoronerは「検死官」という意味があり、スペイン語ではjuez de instrucciónといいます。

スペイン語のcoronelは「大佐」という意味があり、英語ではcolonelといいます。

costume – costumbre

英語のcostumeは「服装、仮装」という意味があり、スペイン語ではvestido, disfrazといいます。

スペイン語のcostumbreは「習慣」という意味があり、英語ではcustomといいます。

curb – curva

英語のcurbは「縁石」という意味があり、スペイン語ではbordilloといいます。

スペイン語のcurvaは「曲線」という意味があり、英語ではcurveといいます。

curse – curso

英語のcurseは「呪い」という意味があり、スペイン語ではmaldiciónといいます。

スペイン語のcursoは「講義」という意味があり、英語ではcourseといいます。

まとめ

今回は英語とスペイン語の空似言葉(似ているけど意味が違う間違えやすい単語)をご紹介しました。

英語とスペイン語は約20%の単語が共通していると言われているので、類似している単語から学習すると効率的です。似ている単語の多くは同じ語源を持つ同根語です。同根語は語尾変化に法則性があるので、この法則を覚えることで、より効率的に単語を覚えることができると思います。

タイトルとURLをコピーしました