スペイン語と英語の間違えやすい名詞一覧②d-m

スペイン語と英語の似ているけど意味が違う単語スペイン語と英語の間違えやすい単語

この記事では間違えやすいスペイン語と英語の単語を一覧にしてまとめています。

今回は名詞d-mです。

スペルが似ているけど意味が違う単語を言語学では空似言葉(false friends)と呼んでいます。スペイン語と英語は同じ語源を持つ同根語(cognate)が多いので、似ている単語から覚えると効率的ですが、実は意味が違う空似言葉には注意してください。

スポンサーリンク

英語とスペイン語の間違えやすい名詞一覧d-m

dairy – diario

英語のdairyは「乳製品」という意味があり、スペイン語ではproductos lácteosといいます。

スペイン語のdiarioは「日記、毎日の」という意味があり、英語ではdiary, dailyといいます。

date – dato

英語のdateは「日にち」という意味があり、スペイン語ではfechaといいます。

スペイン語のdatoは「資料、データ」という意味があり、英語ではdataといいます。

deception – decepción

英語のdeceptionは「だますこと」という意味があり、スペイン語ではengañoといいます。

スペイン語のdecepciónは「失望」という意味があり、英語ではdisappointmentといいます。

defile – desfile

英語のdefileは「狭い道、冒涜する」という意味があり、スペイン語ではdesfiladero, profanarといいます。

スペイン語のdesfileは「行進、パレード」という意味があり、英語ではparadeといいます。

dessert – desierto

英語のdessertは「デザート」という意味があり、スペイン語ではpostreといいます。

スペイン語のdesiertoは「砂漠」という意味があり、英語ではdesertといいます。

destitution – destitución

英語のdestitutionは「極貧」という意味があり、スペイン語ではindigenciaといいます。

スペイン語のdestituciónは「解任」という意味があり、英語ではdismissalといいます。

devolution – devolución

英語のdevolutionは「委託」という意味があり、スペイン語ではdelegaciónといいます。

スペイン語のdevoluciónは「返却」という意味があり、英語ではreturnといいます。

dinner – dinero

英語のdinnerは「夕食」という意味があり、スペイン語ではcenaといいます。

スペイン語のdineroは「お金」という意味があり、英語ではmoneyといいます。

disgrace – desgracia

英語のdisgraceは「不名誉」という意味があり、スペイン語ではvergüenzaといいます。

スペイン語のdesgraciaは「不運」という意味があり、英語ではmisfortuneといいます。

disparate – disparate

英語のdisparateは「全く異なる」という意味があり、スペイン語ではdisparといいます。

スペイン語のdisparateは「ばかげたこと」という意味があり、英語ではnonsenseといいます。

disturb – disturbio

英語のdisturbは「混乱させる」という意味があり、スペイン語ではperturbarといいます。

スペイン語のdisturbioは「妨害」という意味があり、英語ではdisturbanceといいます。

duress – dureza

英語のduressは「強要」という意味があり、スペイン語ではcoacciónといいます。

スペイン語のdurezaは「硬さ」という意味があり、英語ではhardnessといいます。

empress – empresa

英語のempressは「皇后」という意味があり、スペイン語ではemperatrizといいます。

スペイン語のempresaは「企業」という意味があり、英語ではenterpriseといいます。

entrepreneur – entrepierna

英語のentrepreneurは「起業家」という意味があり、スペイン語ではempresarioといいます。

スペイン語のentrepiernaは「股(また)」という意味があり、英語ではcrotchといいます。

exit – éxito

英語のexitは「出口」という意味があり、スペイン語ではsalidaといいます。

スペイン語のéxitoは「成功」という意味があり、英語ではsuccessといいます。

fabric – fábrica

英語のfabricは「織物」という意味があり、スペイン語ではtelaといいます。

スペイン語のfábricaは「工場」という意味があり、英語ではfactoryといいます。

feud – feudo

英語のfeudは「確執」という意味があり、スペイン語ではcontiendaといいます。

スペイン語のfeudoは「領地」という意味があり、英語ではfiefといいます。

fiancé – fianza

英語のfiancéは「婚約者」という意味があり、スペイン語ではprometidoといいます。

スペイン語のfianzaは「保証金」という意味があり、英語ではdepositといいます。

file – fila

英語のfileは「ファイル」という意味があり、スペイン語ではarchivoといいます。

スペイン語のfilaは「列」という意味があり、英語ではrowといいます。

floor – flor

英語のfloorは「床、階」という意味があり、スペイン語ではsuelo, pisoといいます。

スペイン語のflorは「花」という意味があり、英語ではflowerといいます。

flour – flor

英語のflourは「小麦粉」という意味があり、スペイン語ではharinaといいます。

スペイン語のflorは「花」という意味があり、英語ではflowerといいます。

footing – footing

英語のfootingは「足もと、基礎」という意味があり、スペイン語ではpie, baseといいます。

スペイン語のfootingは「ジョギング」という意味があり、英語ではjoggingといいます。

fourteen – fortín

英語のfourteenは「14」という意味があり、スペイン語ではcatorceといいます。

スペイン語のfortínは「砦」という意味があり、英語ではfortといいます。

gang – ganga

英語のgangは「ギャング」という意味があり、スペイン語ではpandillaといいます。

スペイン語のgangaは「特価品」という意味があり、英語ではbargainといいます。

glove – globo

英語のgloveは「手袋」という意味があり、スペイン語ではguanteといいます。

スペイン語のgloboは「球体」という意味があり、英語ではglobeといいます。

grape – grapa

英語のgrapeは「ブドウ」という意味があり、スペイン語ではuvaといいます。

スペイン語のgrapaは「ホッチキスの針」という意味があり、英語ではstapleといいます。

grass – grasa

英語のgrassは「草」という意味があり、スペイン語ではhierbaといいます。

スペイン語のgrasaは「脂肪」という意味があり、英語ではfatといいます。

gray – grey

英語のgrayは「灰色、灰色の」という意味があり、スペイン語ではgrisといいます。

スペイン語のgreyは「群れ」という意味があり、英語ではflockといいます。

grip – gripe

英語のgripは「グリップ、にぎる」という意味があり、スペイン語ではasidero, agarrarといいます。

スペイン語のgripeは「インフルエンザ」という意味があり、英語ではinfluenzaといいます。

grocery – grosería

英語のgroceryは「食料雑貨店」という意味があり、スペイン語ではabarroteríaといいます。

スペイン語のgroseríaは「無作法」という意味があり、英語ではrudenessといいます。

horn – horno

英語のhornは「角(つの)」という意味があり、スペイン語ではcuernoといいます。

スペイン語のhornoは「オーブン」という意味があり、英語ではovenといいます。

hurry – hurra

英語のhurryは「急ぐこと」という意味があり、スペイン語ではprisaといいます。

スペイン語のhurraは「ばんざい」という意味があり、英語ではhurrayといいます。

idiom – idioma

英語のidiomは「熟語」という意味があり、スペイン語ではmodismoといいます。

スペイン語のidiomaは「言語」という意味があり、英語ではlanguageといいます。

injury – injuria

英語のinjuryは「傷害」という意味があり、スペイン語ではheridaといいます。

スペイン語のinjuriaは「悪口」という意味があり、英語ではinsultといいます。

intromission – intromisión

英語のintromissionは「挿入」という意味があり、スペイン語ではpenetraciónといいます。

スペイン語のintromisiónは「干渉」という意味があり、英語ではinterferenceといいます。

journalist – jornalero

英語のjournalistは「報道記者」という意味があり、スペイン語ではperiodistaといいます。

スペイン語のjornaleroは「日雇い労働者」という意味があり、英語ではday laborerといいます。

joy – joya

英語のjoyは「喜び」という意味があり、スペイン語ではalegríaといいます。

スペイン語のjoyaは「宝石」という意味があり、英語ではjewelといいます。

juice – juicio

英語のjuiceは「ジュース」という意味があり、スペイン語ではjugo, zumoといいます。

スペイン語のjuicioは「判断」という意味があり、英語ではjudgmentといいます。

lecture – lectura

英語のlectureは「講演」という意味があり、スペイン語ではconferenciaといいます。

スペイン語のlecturaは「読書」という意味があり、英語ではreadingといいます。

library – librería

英語のlibraryは「図書館」という意味があり、スペイン語ではbibliotecaといいます。

スペイン語のlibreríaは「書店」という意味があり、英語ではbookshopといいます。

litter – litro

英語のlitterは「ごみ」という意味があり、スペイン語ではbasuraといいます。

スペイン語のlitroは「リットル」という意味があり、英語ではliterといいます。

man – mano

英語のmanは「男」という意味があり、スペイン語ではhombreといいます。

スペイン語のmanoは「手」という意味があり、英語ではhandといいます。

many – maní

英語のmanyは「多くの」という意味があり、スペイン語ではmuchoといいます。

スペイン語のmaníは「ピーナッツ」という意味があり、英語ではpeanutといいます。

mascara – máscara

英語のmascaraは「マスカラ」という意味があり、スペイン語ではrímelといいます。

スペイン語のmáscaraは「マスク」という意味があり、英語ではmaskといいます。

mate – mate

英語のmateは「仲間」という意味があり、スペイン語ではcompañeroといいます。

スペイン語のmateは「マテ茶」という意味があり、英語ではmatéといいます。

morose – moroso

英語のmoroseは「不機嫌な」という意味があり、スペイン語ではmalhumoradoといいます。

スペイン語のmorosoは「債務者」という意味があり、英語ではdebtorといいます。

motto – moto

英語のmottoは「標語、モットー」という意味があり、スペイン語ではlemaといいます。

スペイン語のmotoは「オートバイ」という意味があり、英語ではmotorcycleといいます。

mummy – mami

英語のmummyは「ミイラ」という意味があり、スペイン語ではmomiaといいます。

スペイン語のmamiは「ママ」という意味があり、英語ではmomといいます。

まとめ

今回は英語とスペイン語の空似言葉(似ているけど意味が違う間違えやすい単語)をご紹介しました。

英語とスペイン語は約20%の単語が共通していると言われているので、類似している単語から学習すると効率的です。似ている単語の多くは同じ語源を持つ同根語です。同根語は語尾変化に法則性があるので、この法則を覚えることで、より効率的に単語を覚えることができると思います。

タイトルとURLをコピーしました