スペイン語と英語の間違えやすい名詞一覧③n-z

スペイン語と英語の似ているけど意味が違う単語スペイン語と英語の間違えやすい単語

この記事では間違えやすいスペイン語と英語の単語を一覧にしてまとめています。

今回は名詞n-zです。

スペルが似ているけど意味が違う単語を言語学では空似言葉(false friends)と呼んでいます。スペイン語と英語は同じ語源を持つ同根語(cognate)が多いので、似ている単語から覚えると効率的ですが、実は意味が違う空似言葉には注意してください。

スポンサーリンク

英語とスペイン語の間違えやすい名詞一覧n-z

notice – noticia

英語のnoticeは「通知」という意味があり、スペイン語ではavisoといいます。

スペイン語のnoticiaは「ニュース」という意味があり、英語ではnewsといいます。

nude – nudo

英語のnudeは「ヌード」という意味があり、スペイン語ではdesnudoといいます。

スペイン語のnudoは「結び目」という意味があり、英語ではknotといいます。

number – nombre

英語のnumberは「番号」という意味があり、スペイン語ではnúmeroといいます。

スペイン語のnombreは「名前」という意味があり、英語ではnameといいます。

obsequies – obsequio

英語のobsequiesは「葬儀」という意味があり、スペイン語ではexequiasといいます。

スペイン語のobsequioは「贈り物」という意味があり、英語ではgiftといいます。

occurrence – ocurrencia

英語のoccurrenceは「出来事」という意味があり、スペイン語ではincidenciaといいます。

スペイン語のocurrenciaは「思いつき、機知」という意味があり、英語ではwitty remarkといいます。

once – once

英語のonceは「一度」という意味があり、スペイン語ではuna vezといいます。

スペイン語のonceは「11」という意味があり、英語ではelevenといいます。

parade – parada

英語のparadeは「パレード」という意味があり、スペイン語ではdesfileといいます。

スペイン語のparadaは「停止」という意味があり、英語ではstopといいます。

parcel – parcela

英語のparcelは「小包」という意味があり、スペイン語ではpaqueteといいます。

スペイン語のparcelaは「区画」という意味があり、英語ではplot of landといいます。

parents – pariente

英語のparentsは「両親」という意味があり、スペイン語ではpadresといいます。

スペイン語のparienteは「親戚」という意味があり、英語ではrelativeといいます。

pie – pie

英語のpieは「パイ」という意味があり、スペイン語ではpastelといいます。

スペイン語のpieは「足」という意味があり、英語ではfootといいます。

play – playa

英語のplayは「遊ぶ」という意味があり、スペイン語ではjugarといいます。

スペイン語のplayaは「砂浜」という意味があり、英語ではbeachといいます。

porter – portero

英語のporterは「荷物運搬人、ポーター」という意味があり、スペイン語ではmaleteroといいます。

スペイン語のporteroは「守衛、管理人」という意味があり、英語ではdoorman, janitorといいます。

precinct – precinto

英語のprecinctは「構内」という意味があり、スペイン語ではrecintoといいます。

スペイン語のprecintoは「封印」という意味があり、英語ではsealといいます。

predicament – predicamento

英語のpredicamentは「苦境」という意味があり、スペイン語ではapuroといいます。

スペイン語のpredicamentoは「権威」という意味があり、英語ではprestigeといいます。

predictor – predicador

英語のpredictorは「預言者」という意味があり、スペイン語ではprofetaといいます。

スペイン語のpredicadorは「説教家」という意味があり、英語ではpreacherといいます。

prospect – prospecto

英語のprospectは「見込み」という意味があり、スペイン語ではperspectivaといいます。

スペイン語のprospectoは「ちらし」という意味があり、英語ではleafletといいます。

pulp – pulpo

英語のpulpは「果肉」という意味があり、スペイン語ではpulpaといいます。

スペイン語のpulpoは「蛸(タコ)」という意味があり、英語ではoctopusといいます。

quince – quince

英語のquinceは「マルメロ」という意味があり、スペイン語ではmembrilloといいます。

スペイン語のquinceは「15」という意味があり、英語ではfifteenといいます。

recipient – recipiente

英語のrecipientは「受取人」という意味があり、スペイン語ではdestinatarioといいます。

スペイン語のrecipienteは「容器」という意味があり、英語ではcontainerといいます。

recollection – recolección

英語のrecollectionは「思い出」という意味があり、スペイン語ではrecuerdoといいます。

スペイン語のrecolecciónは「収集」という意味があり、英語ではcollectionといいます。

red – red

英語のredは「赤、赤い」という意味があり、スペイン語ではrojoといいます。

スペイン語のredは「網、ネット」という意味があり、英語ではnetといいます。

refrain – refrán

英語のrefrainは「慎む」という意味があり、スペイン語ではabstenerseといいます。

スペイン語のrefránは「ことわざ、格言」という意味があり、英語ではproverb, sayingといいます。

regal – regalo

英語のregalは「威厳ある」という意味があり、スペイン語ではmajestuosoといいます。

スペイン語のregaloは「贈り物」という意味があり、英語ではgiftといいます。

resort – resorte

英語のresortは「行楽地、手段」という意味があり、スペイン語ではcentro turístico, recursoといいます。

スペイン語のresorteは「ばね」という意味があり、英語ではspringといいます。

resume – resumen

英語のresumeは「再開する」という意味があり、スペイン語ではreanudarといいます。

スペイン語のresumenは「要約」という意味があり、英語ではsummaryといいます。

rise – risa

英語のriseは「上がる」という意味があり、スペイン語ではsubirといいます。

スペイン語のrisaは「笑い」という意味があり、英語ではlaughといいます。

risk – risco

英語のriskは「危険」という意味があり、スペイン語ではriesgoといいます。

スペイン語のriscoは「岩山」という意味があり、英語ではcragといいます。

robe – robo

英語のrobeは「ローブ」という意味があり、スペイン語ではtogaといいます。

スペイン語のroboは「盗難」という意味があり、英語ではrobberyといいます。

rope – ropa

英語のropeは「ロープ」という意味があり、スペイン語ではcuerdaといいます。

スペイン語のropaは「服」という意味があり、英語ではclothingといいます。

rostrum – rostro

英語のrostrumは「演壇」という意味があり、スペイン語ではtribunaといいます。

スペイン語のrostroは「顔」という意味があり、英語ではfaceといいます。

sanity – sanidad

英語のsanityは「正気」という意味があり、スペイン語ではcorduraといいます。

スペイン語のsanidadは「健康」という意味があり、英語ではhealthといいます。

sauce – sauce

英語のsauceは「ソース」という意味があり、スペイン語ではsalsaといいます。

スペイン語のsauceは「ヤナギ」という意味があり、英語ではwillowといいます。

scholar – escolar

英語のscholarは「学者」という意味があり、スペイン語ではeruditoといいます。

スペイン語のescolarは「生徒」という意味があり、英語ではschoolchildといいます。

sill – silla

英語のsillは「敷居」という意味があり、スペイン語ではalféizarといいます。

スペイン語のsillaは「椅子」という意味があり、英語ではchairといいます。

smoking – smoking

英語のsmokingは「喫煙」という意味があり、スペイン語ではfumandoといいます。

スペイン語のsmokingは「タキシード」という意味があり、英語ではtuxedoといいます。

soap – sopa

英語のsoapは「石鹸」という意味があり、スペイン語ではjabónといいます。

スペイン語のsopaは「スープ」という意味があり、英語ではsoupといいます。

spade – espada

英語のspadeは「スペード、鋤(すき)」という意味があり、スペイン語ではpica, palaといいます。

スペイン語のespadaは「剣」という意味があり、英語ではswordといいます。

success – suceso

英語のsuccessは「成功」という意味があり、スペイン語ではéxitoといいます。

スペイン語のsucesoは「出来事」という意味があり、英語ではeventといいます。

sunrise – sonrisa

英語のsunriseは「日の出」という意味があり、スペイン語ではsalida del solといいます。

スペイン語のsonrisaは「微笑み」という意味があり、英語ではsmileといいます。

table – tabla

英語のtableは「机」という意味があり、スペイン語ではmesaといいます。

スペイン語のtablaは「板」という意味があり、英語ではboardといいます。

taller – taller

英語のtallerは「背が高い」という意味があり、スペイン語ではmás altoといいます。

スペイン語のtallerは「作業場、修理工場」という意味があり、英語ではworkshop, garageといいます。

talon – talón

英語のtalonは「鉤爪」という意味があり、スペイン語ではgarraといいます。

スペイン語のtalónは「かかと」という意味があり、英語ではheelといいます。

target – tarjeta

英語のtargetは「標的、対象」という意味があり、スペイン語ではblanco, objetivoといいます。

スペイン語のtarjetaは「カード」という意味があり、英語ではcardといいます。

tax – taxi

英語のtaxは「税金」という意味があり、スペイン語ではimpuestoといいます。

スペイン語のtaxiは「タクシー」という意味があり、英語ではtaxiといいます。

tuna – tuna

英語のtunaは「マグロ」という意味があり、スペイン語ではatúnといいます。

スペイン語のtunaは「サボテン(の実)」という意味があり、英語ではprickly pearといいます。

vacuum – vacuna

英語のvacuumは「真空」という意味があり、スペイン語ではvacíoといいます。

スペイン語のvacunaは「ワクチン」という意味があり、英語ではvaccineといいます。

vase – vaso

英語のvaseは「花瓶」という意味があり、スペイン語ではjarrónといいます。

スペイン語のvasoは「コップ」という意味があり、英語ではcupといいます。

veranda – baranda

英語のverandaは「ベランダ」という意味があり、スペイン語ではverandaといいます。

スペイン語のbarandaは「手すり」という意味があり、英語ではhandrailといいます。

まとめ

今回は英語とスペイン語の空似言葉(似ているけど意味が違う間違えやすい単語)をご紹介しました。

英語とスペイン語は約20%の単語が共通していると言われているので、類似している単語から学習すると効率的です。似ている単語の多くは同じ語源を持つ同根語です。同根語は語尾変化に法則性があるので、この法則を覚えることで、より効率的に単語を覚えることができると思います。

タイトルとURLをコピーしました