英語とスペイン語の効率的な学習方法は「似ている単語」から覚えること

りんごと梨スペイン語の勉強方法

英語だけでなくスペイン語も勉強していると、新しく覚えることが多くて大変ですよね。

そんな時におすすめしたいのは、似ている単語から覚える方法です。

なぜかと言うと、英語とスペイン語の語彙は約20%も共通していると言われているからです。例えばanimal, casual, final, normal, popular, total, usualなどの単語は、スペルだけでなく意味もほとんど同じです。そこで今回は英西同時学習の方法コツについてご紹介したいと思います。

「英語とスペイン語の似ている単語集」については、以下のページで品詞や語尾変化ごとにまとめています。

スペイン語と英語の似ている単語【まとめ】
この記事は「スペイン語と英語の似ている単語」のまとめ記事です。…
スポンサーリンク

英西同時学習は似ている単語から覚える

たとえば次のような文があったとします。

英語 Nature conservation is so important.
西語 La conservación de la naturaleza es tan importante.
和訳 自然保護はとても重要です。
ごがくねこ
ごがくねこ

どちらの文も何だか似ていますよね。

というのも、太文字で書いたNatureNaruraleza、conservationconservación、importantimportanteは、お互いに同じ語源の単語だからです。そのため、スペルや意味がとても似ています。

言語学では、このような同じ語源を持つ単語を同根語(cognate)と呼んでいます(参照:同根語とは)。ヨーロッパの言語はもともと「インド・ヨーロッパ祖語」という共通の親言語から枝分かれしたので、現在でも同じスペルや意味を継承している単語が沢山あります。
ごがくねこ
ごがくねこ

ヨーロッパの言語は1つの家族みたいな関係と言えますね。

なぜ英語とスペイン語は似ているのか」に関しては下の記事でもまとめています。要点だけまとめると、①英語とスペイン語は同じ語族に属している、②英語に対するラテン語やフランス語の影響、③アメリカとメキシコ、イギリスとスペインの地理的な関係、などの理由が考えられます。

なぜ英語とスペイン語は似ている単語が多いのか
なぜ英語とスペイン語は似ている単語が多いのでしょうか。そこで今回は「英語とスペイン語に似ている単語が…

細かいスペルや発音は言語ごとの特徴があるので、全てが全く同じというわけではありません。ですが、同根語の80~90%は同じ意味を引き継いでいるとも言われています。

先ほど紹介した例文では、重要な単語はどれも共通していました。スペイン語を知らない人でも、意味が推測できるくらい類似していたと思います。少なくとも英語ネイティブや、スペイン語の親戚のイタリア語やフランス語話者なら分かるはずです。

このようなスペルや意味が共通している単語は他にも沢山あります。0から新しく単語を覚えるよりも、自分が知っている英単語から覚えていけば労力は少なくなりますよね。

ごがくねこ
ごがくねこ

そのような理由から、英語とスペイン語は似ている単語から覚えると効率的です。

コツは変化する法則性を覚えること

英単語からスペイン語の単語を覚えるにはコツがあります。

それは、変化の法則性を覚えることです。

英語とスペイン語の同根語は、主に語尾が違います。代表的な語尾変化には以下の例があります。

  • ary → ario
    contrary → contrario(反対の)
  • ct → cto
    correct → correcto(正しい)
  • icico
    economic = económico(経済の)
  • lymente
    completely = completament(完全に)
  • ous → oso
    delicious → delicioso(おいしい)
  • ry → rio
    vocabulary → vocabulario(語彙)
  • tydad
    university → universidad(大学)
  • tionción
    conversation → conversación(会話)

例外もありますが、このような法則性があります。

変化の種類は多いかもしれませんが、発音はそれほど変化しません。たとえば英単語の語尾がary(アリー)なら、スペイン語ではario(アリオ)、tion(ティオン)ならción(シオン)程度の変化です。

ごがくねこ
ごがくねこ

この法則性に慣れしまえば、意外と簡単にスペイン語に変換することができます。

主に接尾辞が変わると書きましたが、気をつけたい点として、途中のスペルも変化する場合があります。

たとえば、接尾辞が「tion」の英語の名詞は、スペイン語では「ción」に置き換えることが出来ますが、一部の単語は、Action → Acción、Collection → Colecciónなどのように、同じ文字が連続したり、同じ文字が省略され1つになる場合もあるので注意が必要です。

ごがくねこ
ごがくねこ

余談ですが、tionやciónの単語は、concentración(集中)やconsideración(考慮)など、やや難しい言葉が多いですが、これらの単語の多くはラテン語に由来し、tionやciónを語尾に付加することで名詞化を表しています。

その他の法則性として、スペイン語の語尾は母音で終わることが多いことです。

たとえば子音で終わる英単語のalarm、map、human、problemなどは、スペイン語ではalarma, mapa, humano, problemaなどのように母音が追加されています。

例外もありますが、こんな法則性もあるんだと片隅にでも入れておけば、単語を覚えるのも楽になると思いますし、知らない単語を見かけても意味を推測できる可能性が上がるのではと思います。

ごがくねこ
ごがくねこ

こんな感じでどんどん新しい単語を増やしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スペイン語と英語の同時学習の方法コツを紹介しました。

その方法とは、似ている単語から覚えることです。

英語とスペイン語は、研究によっては約20%も類似していると言われているので、文章によっては殆ど同じ単語が使われている場合もあります。また80~90%の同根語がほとんど同じ意味で使われています。

単語を覚えるコツは、単語が変化する法則を覚えることです。なぜなら変化するのは主に語尾だからです。似ている単語から勉強していくことで、より効率的に単語を習得していくことができると思います。

英語とスペイン語の「似ている単語集」や「間違えやすい単語集」については以下のリンクからご覧ください。

ごがくねこ
ごがくねこ

皆さんのスペイン語学習に役立てば幸いです。

スポンサーリンク
スペイン語学習におすすめの本

スペイン語学習におすすめの本はこちらです。

  1. 初心者向け:ゼロからスタートスペイン語楽天/Yahoo
  2. 中級者向け:中級スペイン文法楽天/Yahoo
  3. 聞き流し用:キクタン スペイン語楽天/Yahoo
スペイン語初心者の方は「ゼロからスタートスペイン語 文法編」がおすすめです。文法の基礎を初めて学ぶ人にもわかりやすく解説しています。 中級者以上は「中級スペイン文法」がおすすめです。ページ数は600ページ以上。あらゆる文法が詳細に解説されている、一生使える文法書です。初心者でも本格的にスペイン語を学びたい方は是非持っておきたい必携の文法辞典です。 聞き流しには「キクタン」がおすすめです。単語学習は何度も繰り返す「反復記憶法」が効果的です。私も色々な言語のキクタンを聞き流しています。塵も積もれば山となるです。
スペイン語の勉強方法
ごがくねこ
タイトルとURLをコピーしました