英語の接尾辞-idの由来や語源について

column雑学・コラム

以前「語尾が-idで終わる英単語」をまとめました。そこで紹介した単語は主に日常生活で使う単語(形容詞)でしたが、接尾辞の-idの由来や語源は様々で、天文学から医学まで実に幅広い分野の単語を形成します。そこで今回は英語の接尾辞-idの由来や語源について振り返ります。

接尾辞の-idの語源は辞書によって異なりますが、由来が重複している箇所など、凡そ共通していることをまとめると以下のようになります。

  1. 性質・状態」を表す形容詞を作る
    由来: 英語-id → フランス語-ide → ラテン語-idus
  2. 動物学・天文学・生物学・化学・医学・王朝」に「属するもの」を意味する名詞を作る
    由来1: 英語-id → ラテン語-idis/-id-/-is → ギリシャ語-idos/-id-/-is
    由来2: 英語-id → ラテン語-ides(複-idae/-ida) → ギリシャ語-ides
スポンサーリンク

接尾辞の-idは形容詞を作る

語尾が-idで終わる英単語」で紹介した単語は、1つ目の「性質・状態」を表す形容詞に該当します。例えば、acid(酸っぱい)、liquid(液体の)、solid(固体の)、splendid(華麗な)、valid(有効な)など、比較的に日常生活で使われる単語です。語源を確かめるために、英語のacid(酸っぱい)が他の言語で何と言うのかを確認します。

ラテン語  :acidus
フランス語 :acide
イタリア語 :acido
スペイン語 :ácido
ポルトガル語:ácido
英語:acid

英語の-idが、フランス語の-ide、ラテン語の-idusと関係があるのが分かります。-idusで終わるラテン語の単語は、子孫のフランス語に継承され、1620年代頃に英語にも流入しました。ラテン語から派生したイタリア語、スペイン語、ポルトガル語などにも同じ語源の単語が継承されています。語尾は言語ごとに異なりますが、それぞれ言語の特徴を表していますね。

ラテン語  :-idus
フランス語 :-ide
イタリア語 :-ido
ポルトガル語:-ido
スペイン語 :-ido
英語:-ido

どの言語も形容詞を作る接尾辞です。

ちなみに、英語とスペイン語に関しては「英語のidとスペイン語のidoで終わる単語」でまとめているので、スペイン語を勉強している方がいらっしゃったらぜひ参考にしてください。多言語学習は同じ語源を持つ同根語(cognate)から覚えると効率的です。

接尾辞の-idは名詞も作ります。

語尾が-idで終わる英単語」では紹介しませんでしたが、-idは「動物学・天文学・生物学・化学・医学・王朝」などに関する名詞を作ります。例えば、canid(イヌ科の)、chromatid(染色分体)、Achaemenid(アケメネス朝)、Leonid(しし座流星群)などの単語です。どれも難易度の高い専門的な単語ですね。

Etymonline、Wiktionary、Lexico.com、Dictionary.comなどのオンライン辞典を比較しましたが、名詞を作る-idは色々な由来があるようなので確定的なことは定かではありません。

参照:-id – Etymonline
参照:-id – Wiktionary
参照:-idus – Wiktionary
参照:-id – Lexico.com
参照:-id – Dictionary.com

共通している箇所をまとめると、ラテン語の-idisや-ides(複数形は-idae, -ida)、さらにはアルファベット表記ですがギリシャ語の-idosや-idesに由来するとされています。そのため、ラテン語の-idusに由来し、形容詞を作る接尾辞の-idとは、語源が異なると言えます。

Wiktionaryでは接尾辞の-idの語源の1つとして、「-oidの異形」という説明が唯一なされています。接尾辞の-oidは「~のような、似た」を作る接尾辞で、例えばhuman(人間)+oidでhumanoid(人間のような→人型ロボット)という単語になります。-oidと-idは別の意味を持つ接尾辞ですが、どちらもラテン語やギリシャ語に由来していることもあり、何かしらの繋がりはあるかもしれません。長くなってしまったので、接尾辞の-oidについてはまた次回にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました